Pocket

 

髪がチリチリになる原因はいくつかありますが、加齢による変化もその1つで、特に女性は髪がチリチリになるという悩みを抱えてしまいがち。それだけでなく、頻繁にヘアカラーをしたり、髪の手入れを怠っていたりすると、髪はチリチリとうねった状態に。

 

根元からチリチリになった髪を見つけると抜いていませんか?髪をかきわけると一本だけチリチリとした髪が生えていたから毛抜きを使って抜いてしまう。

 

気持ちは分かりますが、抜くのは絶対NG!そのうち髪が生えてこなくなるので、絶対やめましょう。なぜ歳を重ねるごとに髪がチリチリになるのか原因を見ていき、しっかり対策していきましょう。

 

髪がチリチリになる原因

 

歳を重ねるごとに顔にシワが出来るのと同じことで、頭皮や髪の毛も当然加齢の影響を受けます。加齢はどうしても活力の低下を招く現象なので、頭皮や毛髪も以前よりも元気をなくしていくのはある程度仕方がないこと。

 

加齢によって顔の皮膚がたるのと同様に、頭皮もたるみます。頭皮のたるみは毛穴の形をゆがめ、そこに生えてくる髪もうねって、チリチリとしたうねった髪が生えてくるというワケなんですね。

 

また加齢が進むにつれて体内の水分を保つ力は低下していくので、髪に元気がなくなり水分や脂質の量が減るのでチリチリした状態になりやすいです。さらに、髪の毛はアミノ酸や様々な栄養分からタンパク質を合成して作られますが、加齢が進むと栄養の吸収力が落ちるので、以前のように若々しい髪を生成するのが難しいんですね

 

チリチリの髪は根元から抜かないで

 

ヘアサイクルは、成長期、退行期、休止期を繰り返していますが、チリチリのうねり毛が気になるからという理由で髪を抜いてしまうと、毛根が傷んでしまいます。髪の毛を抜くということは毛根ごと抜くということなので、髪の毛の根元が一気にダメージを負ってしまい、炎症の元になるから。

 

髪を抜かずにチリチリ毛を処理するには、髪の根元から切ってしまうのがいいでしょう。髪を途中で切ってしまえば、抜くよりも断然髪に与えるダメージが違いますし、出来る限り根元から切ってしまえば目立たなくなり、自然と髪が伸びていきます。

 

必要以上になんでもかんでも抜いて処理するのではなく、気になるところがあったらハサミで切って調節すればヘアスタイルにも影響しません。

 

また、1日の自然脱毛数は50~80本程度もありますので、自分で髪を抜いてしまうと、その部分の髪が薄くなってしまう可能性が大。抜いてもチリチリのうねり毛は治りませんので、なるべく根元から毛を抜くのはやめるようにしましょう。

 

チリチリ毛を改善するシャンプーを選ぶ

①シャンプーはアミノ酸系のものを選ぶ

「best amino acid shampoo 」の画像検索結果

 

チリチリ毛を改善するには、まずはアミノ酸系の弱酸性シャンプーを選ぶこと。シャンプーは、健康的な髪の毛を育てるために必要不可欠な頭皮環境を清潔に保つためのもの。

 

アミノ酸は髪や皮膚といった人体を作っている成分と同じ。人体と同じ成分を使って優しく洗いあげることで、頭皮と髪への刺激を抑えることができます。余計な皮脂や汚れをキレイに落としつつ、必要な油分は適度に残してくれるシャンプーが理想的。

 

その点、アミノ酸系シャンプーはしっかりとした洗浄力とやさしい洗い心地を併せ持っているので、頭皮環境を整えるにはピッタリ。さらに弱酸性シャンプーを選べば、チリチリな髪の毛もきしみにくく指通りが良くなるので、こすれなどによる摩擦ダメージの予防効果も。

 

頭皮の皮脂が気になって1日に何度も髪を洗ってしまうという方や、髪をこするようにゴシゴシと洗ってしまっている方は、シャンプーをアミノ酸系のものにするとともに、洗い方にも気をつけてください。

 

1日1回夜に2度洗いをすると良いでしょう。洗髪前のブラッシングを行うことで、抜けているにも関わらず他の髪に絡んでしまっている自然脱毛した髪をあらかじめ取り除くこともでき、毛穴の汚れも浮かせることができるので、洗髪前のブラッシングはとても効果的。

 

アミノ酸系のシャンプーは刺激が少ないといいましたが、その分洗浄力は市販の安価なシャンプーに比べると弱い。ですが、髪を洗う前のブラッシングで汚れを浮かすことにより洗浄力が劣っていたとしてもシャンプー剤は少なくても充分に洗えますし、2度洗いすることできちんと洗いあがります。

 

また、シャンプーはゴシゴシと髪と髪をこすりあわせるようにするのではなく、頭皮を指の腹でマッサージするように洗うのがポイント。爪をたてて洗うのもNG。髪そのものの汚れは、すすぎの際に泡とともに流れ落ちてくれます。

 

何よりも、シャンプー剤を頭皮に残さないように、すすぎはしっかり行いましょう。シャンプーに1分時間をかけたとすれば、すすぎには2分。すすぎに2倍の時間をかけてください

 

シャンプー以外のチリチリ毛の改善法

 

毛穴が変形してしまって生えてくる髪がチリチリとしてしまうのなら、ダメージケアを繰り返してもやはチリチリとした髪が生え続けてしまいます。毛穴が変形してしまう理由は加齢による頭皮のたるみや硬化、血行不良

 

そこで、頭皮のマッサージを行い、頭皮の血流を良くすることが大切。日常的なブラッシングを行い頭皮マッサージをすること、シャンプー時には髪を洗うというよりは頭皮をマッサージするイメージで洗うことですね。

 

また、外的ストレスはなるべく受けないように、できればヘアカラーや白髪染めは美容室で行うのがおすすめ。やはりプロの美容師に髪の状態を見てもらって相談しながら施術するのがベスト。

 

紫外線対策としてはUVプロテクト成分配合のトリートメントを使ったり、帽子をかぶったり、日傘をさしたりするなどしましょう。髪や頭皮に与える紫外線の影響はお肌よりも強いもの。しっかりUVケアをしていきたいですね。

 

また、血行不良はストレスや食生活の乱れも原因となっていることも。大豆製品など良質なタンパク質を摂る食事を意識することや、髪が育つために重要な亜鉛などのミネラルを摂るよう意識しましょう。

 

髪に良い食べ物はこちら⇒髪のツヤを出す食べ物でパサパサから脱却!サプリは効くの?髪に良い食べ物

 

ストレスをためないようにリラックスタイムを設けたり、睡眠時間をきちんと確保したり、適度に運動したりすることもまた、髪の毛が健康になるためには大切なこと。

 

まとめ

 

いかがでしたか。頭皮が年齢とともにたるみチリチリとした毛が生えてきてしまう…、そんなお悩みも、内側からの髪の修復と、日頃のお手入れで改善することが可能。頭皮は年齢とともにたるみ、硬くなりやすく、また、髪は外的ストレスを受けやすく、パーマやカラー、紫外線といった刺激を受けやすいもの。

 

チリチリとした髪はシャンプーを見直し、さらには新しく生えてきた髪を守ることで改善していくことはできますが、毛穴が変形してしまったままだと根本的な解決にはなりません。加齢によるものだからとあきらめるのではなく、日頃からハイダメージを受けないようにするとともに、日常生活を見直してみましょう

 

頭皮のマッサージも効果的なので血行改善に努めましょう。毛穴の形が元に戻り、加齢をケアする毛根へのアプローチができれば、真っ直ぐで健康な髪が生えてくるので、絶対に抜かないでくださいね。

 

 

 

 

【ブログランキングの応援をお願いいたします】

にほんブログ村 美容ブログ ヘアケアへ
にほんブログ村

 


ヘアケア・スタイルランキング