Pocket

 

40代になると、肌だけでなく髪の悩みも増えてきますよね。白髪も増えるし、ハリやコシがなくなったり、パサついたり。うねりがひどくなることも。これは女性ホルモンのバランスが乱れることも原因の一つですが、普段の間違ったヘアケアが原因になることも。

 

いつものシャンプーとトリートメントを使っているのに、パサつく、広がる、美容院でヘアケアしても髪がうねる…と以前と比べて悩みが増えたのであれば、これまでのヘアケアを見直すとき。

 

だけど、シャンプーやトリートメントを変えた方がいいのか、縮毛矯正やヘアカラーをやめた方がいいのか、それともヘアサロンにもっと頻繁に通ってトリートメントしてもらおうか、迷うし悩みますよね。今回はアラフォー世代の特有の原因を知り、改善方法を見ていきましょう

 

40代の髪のパサつきの原因

パサつきやうねりには色々な原因がありますが、40代特有のものも。特に、今まで問題なかったのに、40代に入ってから急に増えた髪のパサつきやうねりであれば、アラフォー世代独特の原因。

 

更年期によるホルモンバランスの乱れ

「menopause」の画像検索結果

 

女性ホルモンが減少してホルモンバランスが崩れると、ヘアサイクルに乱れが。毛髪にハリやコシを与え太く元気に成長させるためには、ヘアサイクルを正常に保つことがとても大切。

 

しかし残念ながら、加齢による女性ホルモンの減少は食い止めることはできません女性ホルモンである卵胞ホルモン(エストロゲン)は20代~30代が最も多く分泌されるときですが、40歳を過ぎると減少。

 

このエストロゲンの減少によって卵巣の活動は徐々に低下していき、生理が停止する「閉経」を迎えます。ちなみに12カ月以上生理が来なくなるとことを「閉経」。

 

閉経年齢には個人差がとても大きく、40 代前半で閉経してしまう人、 50代後半まで生理が続く人、とさまざま。そして、この閉経を挟んだ前5年と後5年の併せて10年が更年期となります。

 

特に更年期は女性ホルモンのバランスが崩れるので、エストロゲンが急激に減ってしてしまう10年間に、女性の心と体にまざまな負担がかかってきます

 

更年期にみられる症状

  • 夜ぐっすり眠れない
  • 食欲がなくなる
  • イライラしやすくなる
  • 体がだるい
  • 疲れやすくなる
  • のぼせる
  • 滝のように汗が流れる
  • 手足が冷える
  • 不安感に襲われる

 

心身の不調になりやすく、頭皮環境にも好ましくない状況。更年期になって、エストロゲンが急激に減少しホルモンバランスが崩れ、ヘアサイクルが乱れ、髪の成長期が短く、休止期が長くなってしまうので、髪の毛の成長が妨げられることに。

 

そのうえに加齢による新陳代謝の低下、血行不良によって、毛細血管を通って毛母細胞へと送られる栄養も十分に行き届かなくなり、髪のパサつきやゴワつきが現れ、髪の老化が始まります。

 

加齢によるパサつき&うねりの改善方法

パサつきやうねりの原因は、ただのダメージだけではなく、加齢も原因の一つであれば、それに対する改善法を取り入れていきましょう。毛髪も体の一部ですから、外側も内側も元気でないと影響が出てしまいます。正しいケアを行い、少しでもキレイな髪を保てるようにケアしていきましょう。

 

有酸素運動で血行を促す

 

衰えた頭皮の代謝を促すのに最適なのが有酸素運動体に負担がかかるような激しい運動をする必要はありませんので、無理なく続けられる運動を生活に取り入れましょう。

 

例えば朝のウォーキング、歩くことによって足の裏が刺激され血液の循環にとても効果的で、歩くことでふくらはぎの筋肉がポンプの役割をして体全体に血液が巡るようになります。そして有酸素運動のもう一つのメリットは「ストレスの発散」

 

心地よい疲労感で食事も美味しく夜もぐっすり眠れるように。心身ともにリフレッシュされてスッキリするでしょう。

 

抗酸化作用の強い栄養素を摂る

 

髪の毛の老化を予防するには活性酸素をできるだけ除去するような食生活を心がけましょう。若いうちは体内の活性酸素を酵素が分解してくれますが、歳を重ねるごとに酵素の働きが弱まり活性酸素の影響で、「細胞のサビ」が進みます。

 

抗酸化作用の強い栄養素

  • ビタミンC、ビタミンE

これらのビタミンは抗酸化ビタミンと呼ばれ、体内で作り出すことができないので食事から意識的に摂取するようにしましょう。

ビタミンCを多く含む食べ物は、緑黄色野菜や果物。特に赤ピーマンアセロラにはたっぷり含まれていますよ。

ビタミンEを多く含む食べ物は、ナッツ類、魚介類、大豆。特にアーモンドウナギにたっぷり含まれていますよ。

 

  • 亜鉛

体中の細胞を酸化から守る働きをするミネラル。

亜鉛を多く含む食べ物は、牡蠣レバーパルメザンチーズ

 

  • セレン

セレンとは、甲状腺ホルモンを活性化する構成成分。甲状腺ホルモンの分泌が低下すると毛母細胞の働きが低下して薄毛になることが。

セレンを多く含む食べ物は、カツオマグロレバーさばカレイ

 

  • レスベラトロール

レスベラトロールとは、植物性食品に含まれる ポリフェノールの一種で 高い抗酸化作用を持ちアンチエイジングに効果が期待大。

レスベラトロールを多く含む食べ物は、リンゴベリー(コケモモ)ブルーベリーなどのベリー類ブドウピーナッツの渋皮

 

  • カテキン

カテキンは紅茶や緑茶の渋み成分であり、高い抗酸化作用を持ちます。 その効力はビタミンE 以上。

多く含まれる食品は主に、抹茶番茶煎茶ですね。

 

髪に良い食べ物をもっと詳しく⇒髪の毛がツヤツヤになる食べ物は?パサパサ髪質改善して潤いを取り戻そう!

 

40代パサつきヘアにおすすめのシャンプー

 

抗酸化作用のある食べ物を積極に摂り、有酸素運動を定期的に取り入れながら、毎日使うヘアケアのシャンプーとトリートメントも見直しましょう。とはいえ、たくさんあるシャンプーの中から40代に合うのは、どれを選べばいいのかをご紹介していきますね。

 

アミノ酸系シャンプーを選ぶ

数あるシャンプーの中で、最も刺激が少なく髪や頭皮に優しいのがアミノ酸系シャンプー。洗浄成分が、アミノ酸系の界面活性剤を使って作られているので、洗浄力がやや弱いのが特徴。けれども、それが必要な皮脂を取りすぎることなく、余分な汚れだけを落としてくれます。

 

またアミノ酸は髪や頭皮をはじめ、身体の素になるたんぱく質を構成している成分。アミノ酸系シャンプーは低刺激で優しいだけでなく、シャンプーの際に髪と頭皮にアミノ酸を補給してくれる頼もしさも魅力。

 

アミノ酸系の洗浄成分

  • ココイルグルタミン酸TEA
  • ココイルアラニンTEA
  • ココイルメチルタウリンNa
  • ラウロイルメチルアラニンNa
  • ラウリルベタイン
  • コカミドプロピルベタイン

髪への影響が大きい洗浄成分をしっかり確認してシャンプーを選ぶようにしましょう。

 

まとめ

「women forties exercising」の画像検索結果

肌と同じく、頭皮や髪も40代を過ぎたらエイジングケアをすることが大切。特にパサパサしたりうねりがおこるのは特有の原因があるもの。

 

人にもよりますが、頭皮の衰えは30代半ばから進んでくることも十分考えられますので、早めのエイジングケアで健康な髪と頭皮環境に整えてあげましょう。そうすることによって、パサつきやうねりだけでなく、薄毛や抜け毛、白髪など髪のトラブルも未然に防ぐことができたり進行を遅らせたりすることが可能です。

 

まずは毎日のシャンプーから見直して、その後、日頃からできるケアに取り組んでみるようにしましょう。

 

 

 

【ブログランキングの応援をお願いいたします】

にほんブログ村 美容ブログ ヘアケアへ
にほんブログ村

 


ヘアケア・スタイルランキング