Pocket

 

毎日きちんとシャンプーしているのに、頭皮がかゆい、フケが気になる、最近抜け毛もヒドイとお悩みの女性は多いのではないでしょうか。特に、頭皮がデリケートで、ブラッシングをするだけで出血したり痛みを感じたりするなら、なおさらシャンプー方法を見直しましょう

 

冬はかゆみがひどくなり、抜け毛も気になり始めた、ということであれば、頭皮をケアするシャンプー方法を実践しましょう知らず知らずの間に、頭皮のかゆみと抜け毛を悪化させてしまうことを日常的に実践しているかも。

 

今回は、頭皮のかゆみと抜け毛を改善するシャンプー方法や悪化させる原因、正しいシャンプーの仕方を紹介しますね。

 

頭皮のかゆみと抜け毛を悪化させる原因

頭皮のかゆみと抜け毛の原因は主に乾燥によるもの。髪がベタついているのに、実は頭皮は乾燥していたりするのが事実。では、どうして乾燥が起こるのか見ていきましょう。

 

朝シャンをしている

 

「showering in the morning」の画像検索結果

 

頭皮の脂と抜け毛が多いからと、夜のシャンプーに加えて朝シャンもしていませんか。もしくは、朝の眠気覚まし代わり、さっぱり気持ちいいからという理由で、夜洗う代わりに朝に洗っていませんか。

 

しかし、朝シャンは頭皮の脂を余計に洗い流すため乾燥しやすくなったり、抜け毛を悪化させる原因に。加えて、朝は何かと慌ただしく忙しい時間帯なので綺麗に洗えていなかったり、シャンプーの洗い残しがあったりするもの。

 

これが毛穴に残ってしまっていたり、頭皮に付着してしまったりして抜け毛の原因に。もし夜にシャンプーをしたのに汗をかいて朝シャンをしたい場合は、お湯だけで洗うようにしましょう

 

ヘアカラーをしている

 

関連画像

 

ヘアカラーを行った後は、髪の毛だけでなく頭皮に大きな負担がかかります。市販のカラー剤は安価で手軽におしゃれを楽しめますが、どうしてもカラー剤に含まれる化学薬品が強いため、髪だけでなく身体にも良いものではありません

 

市販のカラー剤を自分で使用すると、髪の根元から染める場合は、よく見えにくいために均等に染めるのが難しく、また頭皮にカラー剤が付着しやすいので、カラー剤の強い成分が頭皮を傷めてしまうことに。

 

頭皮にダメージを与えてしまうと、髪が抜けてしまう原因に。ヘアカラーを楽しみたいのであれば、頭皮にダメージを与えないように、美容院でプロに行ってもらうのがおすすめ。

 

頭皮に合わないシャンプーを使っている

関連画像

洗浄力が強いシャンプーを使い続けていませんか。洗いあがりがスッキリするからという理由で、使い続けることはおすすめできません。

 

若い頃には合っていたシャンプーでも、年齢と共に皮脂量が減ってきて、知らず知らずのうちに頭皮が脱脂されすぎて乾燥してしまうことがあるから。店頭に並んでいる商品には「キレイさっぱり洗い上がる」ことを目的とし、洗浄力の強い石油系活性剤を使用したシャンプーがほとんど。

 

洗浄力に申し分はないものの頭皮の皮脂を必要以上に奪ってしまうため、乾燥肌の人には合わないので要注意。こんな場合は、保湿を一番に考えるのではなく、洗浄力が穏やかなアミノ酸系のシャンプーなどに切り替えるのがベター

 

頭皮の乾燥を防ぐシャンプー選び

関連画像

かゆみや抜け毛の原因に乾燥であることが分かりましたが、では頭皮の乾燥に効果のあるシャンプーを選ぶときは、次のポイントを押さえてください。

  1. 保湿効果がある
  2. 肌に優しい
  3. 続けやすい値段

 

保湿効果のあるシャンプーを選ぶ

乾燥している頭皮には、保湿効果のあるシャンプーがおすすめ。保湿効果のあるシャンプーは「アミノ酸系」と「オイル系」に分けることができ、それぞれの特徴は以下のようなもの。

 

保湿効果のあるシャンプー

◆アミノ酸系シャンプー

  • 洗浄力が優しく、必要な皮脂を落としすぎない
  • 敏感肌や肌の弱い人におすすめ

成分名の例:ココイル○○、ラウロイル○○など

 

◆オイル系シャンプー

  • 優しくしっかり頭皮を洗浄
  • 頭皮と髪に潤いを与える

成分名の例:ホホバオイル、アルガンオイルなど

どちらのタイプのシャンプーも優しい洗浄力と優れた保湿力を持ち合わせており、乾燥でお悩みの方に特におすすめのシャンプー。

 

肌や髪にやさしい成分のものを選ぶ

乾燥した頭皮はとってもデリケート。そのため、肌に優しい低刺激のシャンプーを選ぶことが重要。低刺激のシャンプーは、

  • 添加物が少ない
  • 石油系の界面活性剤不使用
  • 石けん系シャンプー
  • 高級アルコール

といった特徴があります。これらは頭皮に刺激を与えたり、本来必要な皮脂まで洗い流したりすることがないため、安心できますね。

 

洗い上がりがすっきりする安価なシャンプーには、石油系界面活性剤が含まれています。この見分け方は、成分表の上位5つに「ラウレス硫酸○○」や「ラウリル硫酸○○」「スルホン酸○○」と記されている場合は選ばないようにしましょう。

 

正しいシャンプーの仕方

「washing hair」の画像検索結果

 

髪はほぼ毎日洗うため、シャンプーが頭皮に与える影響はとても大きいもの。間違った洗い方をすると頭皮や髪を痛めつけ、乾燥によるフケやかゆみ、抜け毛といったトラブルの元に。

 

そこで、正しいシャンプーの方法をご紹介しますので、ぜひ参考に取り入れてみてください。

 

頭皮の洗い方

正しいシャンプーの方法は、

①38〜40度のお湯で頭皮からしっかりと濡らす

②髪の水分を軽く切り、シャンプーを手で泡立てる

③頭皮全体にのせて馴染ませてから髪につける

④指の腹で頭皮をマッサージしながら洗う

※このとき、円を描くようにしたり、手をジグザグに動かしたりしながらマッサージすると◎

⑤地肌からぬるつきがなくなるまでしっかりすすぐ

 

シャンプーはミディアムヘアで1プッシュ程度が適量とされているので、ヘアスタイルに合わせた量を使いましょう。

また正しいシャンプーのポイントは、

  • 爪を立てて洗うのではなく、親指以外の指腹優しく洗う 
  • シャンプーの泡で毛穴を包みながら、頭皮をもみほぐす
  • ぬるま湯でしっかりすすぐ
  • 朝ではなく夜にシャンプーする

 

まとめ

 

「happy woman」の画像検索結果

 

いかがでしたか。乾燥した頭皮がかゆみや抜け毛の原因というのが分かれば、シャンプーを見直して、正しく髪を洗い、かゆみや抜け毛の悩みから解放されましょう。

 

頭皮がかゆいと集中力が落ちたりイライラすることも増えストレスの元ですよね。シャンプー方法やヘアケア用品を変えるだけでかなり改善するはず。

 

高いシャンプーや育毛剤を買ってもかゆみと抜け毛が改善しないという人は、シャンプーの洗い方やすすぎ残しが原因かもしれません。自分にあったシャンプーを使って頭皮を洗う、しっかり流すということを意識して実践し、乾燥をケアし、かゆみやフケ、抜け毛といったトラブルのない頭皮環境を作りましょう!

 

 

 

【ブログランキングの応援をお願いいたします】

にほんブログ村 美容ブログ ヘアケアへ
にほんブログ村

 


ヘアケア・スタイルランキング