Pocket

 

当たり前のことですが、髪の毛はもともと体の中で作られた細胞なので、体の隅々までしっかりと栄養が行き渡っていればいるほど健やかな髪を保てます。そのため、髪に必要な栄養を意識した食べ物をバランス良く取り入れることは、今ある髪の毛をできるだけ健康に保つために最低限行っておくべき“対策”

 

残念ながら、特定の食べ物を食事に取り入れるだけで育毛や増毛効果が得られるというわけではありません。ただ、食事のバランスや意識して取り入れたい食材を毎日摂ることによって、美しい髪はキープできるのです。

 

忙しくて料理する時間がない、食事は手軽に済ませられるファーストフードやコンビニのお弁当ばかり、だと身体や髪が必要としている栄養素が摂れず、髪のパサつきや、くせ毛・うねり、はたまた薄毛の原因になりかねません。

 

増毛効果というよりは、本来の髪の姿を取り戻すという感覚が近いでしょう。そこで、髪に良い(結果として増毛効果が期待できる)食べ物をランキング形式にまとめてみました。

 

増毛に食べ物が影響する理由

「good food for hair」の画像検索結果

 

髪の材料となるのは、タンパク質およそ20種類のアミノ酸から形成されている髪ですが、このアミノ酸を形成するのにタンパク質や亜鉛、ビタミンなどが必要になります。

 

髪の毛のほとんどの成分は『ケラチン』というタンパク質なので、良質のタンパク質を十分に摂ることが大切。『亜鉛』は新陳代謝に関わる栄養素。キューティクルの生成にも影響するので、亜鉛が不足すると丈夫で艶やかな髪の毛にはなりません

 

また、亜鉛はケラチンを作る際のタンパク質の合成にも欠かせない栄養素で、コラーゲンを作る働きがあります。髪の毛に栄養素を運んでくれる成分は『鉄分』で、鉄分の吸収を高めるビタミンCと一緒に摂取するのが効果的

 

抜け毛の原因となる過酸化脂質を押さえてくれるのが『ビタミンE』で、血行を良くしてくれる働きがあります。

 

ただ、アミノ酸には体内で生成できないものが多いので食事で補わなければなりません。そして髪が発育しやすいように頭皮の環境を整えるのにも食べ物が重要

 

例えば、唐辛子のような血行を促進するものは、頭皮まで栄養を行き渡らせるのを助けますし、ヨウ素を含む海藻類は代謝を整え、髪の生成のサイクルを促進。このように、発毛しやすい頭皮環境を作ることにも普段の食事は大きく関わってきます。

 

増毛効果が期待できる食べ物

①たんぱく質を含む食べ物

  • 牛肉

「beef」の画像検索結果

たんぱく質と一緒に鉄や亜鉛も摂れる牛肉の一番手軽な調理方法は、「グリル」。

炒め物の具材として摂るのも良いですが、焼き肉やステーキのようにガッツリ食べるのもおすすめ。

 

  • ラム肉

「lamb」の画像検索結果

牛肉と同じように、たんぱく質だけでなく鉄や亜鉛も一緒に摂取できる優秀な羊肉(ラム肉)。

あの独特の風味の多くは脂肪から香るものなので、気になる場合は脂肪を除いたり、煮る・蒸すなど脂肪が落ちる調理法にすると良いでしょう。

例えば、トマト煮や赤ワイン煮などにするのがおすすめ

 

「poached egg」の画像検索結果

卵は、卵白と卵黄にどちらも栄養素が豊富。そのため、卵白も卵黄を分けずに一緒に食べるのがおすすめ。

また、人の体はもちろん、髪の毛をつくる細胞の主な構成成分である<レシチン>などの脂質は、60℃以上の加熱で壊れ始めてしまうので、食べ方としては生で食べるか、ポーチドエッグがおすすめ

卵を食事に取り入れる際は、あまり手を加えずにいただきましょう。

 

  • 大豆製品

「soy beans products」の画像検索結果

畑の肉と呼ばれる大豆は、たんぱく質を多く含んでいるので、納豆、豆腐、みそなど昔から日本人になじみのある大豆製品は、たんぱく質以外にもビタミンやミネラル、食物繊維を豊富に含む優秀な食べ物。

 

②ミネラルを含む食べ物

  • 牡蠣

「oyster with lemon」の画像検索結果

髪の毛を含む体の構成成分であり、生理作用の調節も行うミネラルは、基本的に体内で合成ができないため、食べ物からの摂取が鉄則。

必須ミネラルである、亜鉛や鉄以外にも、14種類のビタミンを含んでいる牡蠣

ミネラルと一緒にビタミンも余すことなく摂取したい場合は、熱に弱いビタミン類を壊さないためにも生食でいただくのがおすすめ。

「どうしても火を入れて食べたい」という場合は、鍋物に入れてシメで雑炊にするなど、ダシに溶け出した栄養素まで摂るように工夫しましょう。

 

  • いわし

関連画像

新鮮なイワシは刺身や塩焼きなど、シンプルな食べ方が一番ですが、栄養素を意識するのであれば、梅干しや酢など、“クエン酸”を含む食べ物と一緒に調理しましょう

酸味の成分であるクエン酸は、イワシの骨を柔らかくして必須ミネラルであるカルシウムを摂取しやすい形へ変えてくれます。

また、胃酸の分泌を促したりする効果があるので、カルシウムの吸収に効果的に働いていると考えられます。

 

  • 昆布

「sea weed kombu」の画像検索結果

昆布は、カルシウムや鉄、ナトリウム、カリウム、ヨウ素(ヨード)など、ミネラルが豊富。また、種類だけではなく、保有量も多いことで有名。

例えば、昆布に含まれるミネラルは牛乳の約23倍。カルシウムは約7倍、鉄分は約39倍も。

 

昆布に含まれるミネラルをしっかり摂取したいならできるだけ手を加えず料理に用いる昆布と一緒にダシまで食すのがおすすめ。
細切りにして炊き込みご飯にしたり、混ぜご飯に加えるのも◎

 

③ビタミンを含む食べ物

ビタミンは体内ではほとんど生成することができない栄養素であるため、食べ物から摂取しなければなりません。

  • かぼちゃ

関連画像

かぼちゃは、果肉はもちろん、わたもすべて含めて栄養満点の野菜。果実には、ビタミンAやビタミンB群、ビタミンEなどのビタミンが豊富

 

種は、ミネラルや鉄分などのほか、悪玉コレステロールの値を下げてくれるという「フィトステロール」、コレステロール値の上昇を抑えてくれるという「不飽和脂肪酸」が多く含まれており、わたは、食物繊維がたっぷりで、βカロテンが果肉の約5倍含まれています。

 

種やわたごとミキサーにかけてかぼちゃのポタージュにしても良いし、種を炒って塩をふってスナック代わりに食べるのもおすすめ。 

 

  • レバー

関連画像

レバーは、ビタミン以外にも鉄分などのミネラルも豊富な食べ物。さまざまな種類のあるレバーですが、ビタミンを摂取するならビタミンB1が多く含まれた豚レバーがおすすめ

 

また、にんにく、にら、ねぎなどに含まれるアリシンというにおい成分には、ビタミンB群の吸収を高める効果があるので、にらレバ炒めはおすすめメニュー

 

  • ナッツ

「nuts」の画像検索結果

ナッツは、種類によって含まれる栄養素が異なり、クルミは、オメガ3脂肪酸に富み、髪の毛にツヤをもたらし、カシューナッツ、アーモンド、ピーカンナッツは亜鉛を多く含み、脱毛を防ぐ効果が。 

 

脂肪分が多いナッツ類は火を通すと酸化しやすくなってしまうので、ローストではなく生のアーモンドを選びましょう生のナッツは砕いてサラダに入れると食べやすいのでおすすめ。

 

まとめ

関連画像

いかがでしたか。髪の毛を健やかに保つために栄養バランスの取れた食事は欠かせません。増毛効果というよりは、本来のあるべき姿の髪に戻すという感覚で、毎日体に取り入れる食べ物や栄養素に気を配って、今ある髪の毛の健康を維持しましょう。

 

誰しも元々の髪は潤いがあり、強くしなやかであるもの。毎日の生活の中でストレスを感じたり、食生活の乱れだったり、ホルモンバランスの乱れによって、栄養がいきわたらなくなり、髪が細くなり少なくなるように見えることが多いのです。

 

栄養バランスを整えて、丈夫な髪を保つための土台を作りましょう。

 

 

 

【ブログランキングの応援をお願いいたします】

にほんブログ村 美容ブログ ヘアケアへ
にほんブログ村

 


ヘアケア・スタイルランキング