Pocket

 

夜は、髪がまとまるのに、朝起きると髪がパサパサになっていることってありませんか。髪がパサパサになる1番の原因は、「乾燥」。

 

せっかく、トリートメントをしたり、きれいにしても間違ったヘアケアの仕方や、髪の毛をよく乾かさずに寝てしまうと、髪の水分が失われてパサパサになってしまい、朝のスタイリングに困ることに。忙しい朝の時間帯は、スタイリングに時間をかけたくないもの。

 

そんな、朝の髪のパサパサを治す方法として、ヘアオイルの使い方や詳しい原因について、ご紹介していきますね。

 

朝になると髪がパサパサになっている原因

関連画像

 

髪は水分が蒸発して乾くときに形が付くもの。髪が湿ったまま寝ると、寝ている間に水分が髪から蒸発して、枕に押さえつけている部分はペチャンコ、他の部分はうねりが髪についた状態で乾いてしまいます。

 

さらにキューティクルが開いた状態のまま乾くので、髪同士が引っかかりやすくボサボサした状態になり易い。さらにこれを毎日繰り返していると、髪のダメージの進行スピードは速く、ヘアカラーの色も早く落ちることに。

 

髪をきちんと乾かさずに頭皮がぬれた状態で寝ると、夏場の暑い時期であれば雑菌が繁殖して、匂いの原因にも。寝る前には、ドライヤーでしっかりと乾かして、出来るのであれば軽くブローをしてあげて髪がキレイにまとまった状態にする事が出来ると、寝ている間の髪のダメージも抑える事が出来ます。

 

また、見落としがちなのが、ヘアブラシ。プラスチック製のコームを使っていることはありませんか?とびきり高いものを購入する必要はありません。髪へ潤いを与えてくれる天然の動物の毛のものを使用してください。

 

パサパサに広がる髪を治すには

朝起きたときにパサパサに広がっている髪を、まとまりやすく治すいくつかのポイントをあげますね。

 

夜寝る前に洗い流さないトリートメントをつける

「woman touching hair in mirror」の画像検索結果

 

お風呂上がりの乾かす時にも、洗い流さないトリートメントは付けますが、寝る前にも付けておくと朝起きた時の髪の扱い易さに差がでます。寝ている時は、思う以上に髪から水分が蒸発していきやすく、さらに枕と擦れあってダメージを受けやすい環境なので、寝る前にサッとつけましょう。

 

洗い流さないトリートメントを付ける事は、髪の保湿力をしっかりとキープすると共に、髪の表面へのダメージからも髪を守ります

 

おすすめの洗い流さないトリートメントはこちらから⇒ダメージヘアにはトリートメントがおすすめ!市販の洗い流さないトリートメント5選

 

ドライヤーを正しく使う

「drying hair」の画像検索結果

 

ドライヤーで髪を乾かす前にまずは、しっかりタオルドライをしましょう。タオルでゴシゴシ髪の毛を拭くのは大きな間違い

 

実は、このゴシゴシは髪の毛を傷めるだけで、乾きやすくなるなどの効果はほとんどないのです。髪の水分を取りたいのであれば、しっかりと乾いたタオルを使い、トントンと髪の毛をたたくように。

 

ドライヤーは、髪の毛から20cm以上離して使うのがおすすめ。なぜなら、熱を一気にかけすぎてしまうとキューティクルが剥がれ、髪の毛から水分が流出してしまうから。

 

髪の根元が乾いてきたら、ドライヤーを細かく左右に揺らしながら毛先に向かって温風をあてます。このことにより早く乾くと同時に、キューティクルの向きに沿って温風が流れるため、髪を傷めません。

 

髪全体が8割程度乾いたら、一度ブラシで毛流れを整えます。ドライヤーの冷風に切り替えて、頭皮や髪に残った湿気を飛ばすイメージで仕上げましょう。

 

ドライヤーの温風だけで終わらせずに、冷風を最後に使うことで、ツヤ感を出すことができます

 

朝のヘアセットにオイルを使う

「checking hair」の画像検索結果

 

ツヤ感を出すには、ヘアオイルをスタイリング剤代わりとして使うのがおすすめ。スタイリング剤にもなるし、UV効果もあり、室内の冷暖房からも守ってくれますよ。

 

ヘアオイルは毛先中心につけるのがポイント。毛先のダメージは根本近くの毛より、大きい傾向にあるので、毛先中心にヘアオイルをつけましょう。

 

髪の毛をまとめる目的や、髪の毛のボリュームダウンしたい場合でも、1~2滴を手になじませて、毛先につけてから髪の中心に馴染ませましょう朝の時間は忙しくはありますが、ヘアオイルを付ける時間をしっかりと確保すると、効果を一日中持続できるようになりますよ。

 

スペシャルケアとしてヘアオイルでパックをする

「doing hair pack at salon」の画像検索結果

 

月に1度、髪の毛へのご褒美としてヘアオイルを存分に使ってケアしてあげるのがおすすめ。毛根にヘアオイルが入るのを避けながら、髪の毛にヘアオイルを塗っていきましょう。

 

手のひらにヘアオイルをたっぷりとり、指の間にもよく広げてから、まずは乾燥しがちな毛先につけます。その後、手ぐしでヘアオイルを髪全体になじませます。持っているブラシやくしで髪の毛をとかしながらつけていくと、髪の毛全体にヘアオイルがいきわたりやすいですよ。

 

髪全体がしっとりする位がオイルパックの適量。目安の分量で足りないと感じたら、その都度、追加してなじませましょう。そのまま5~10分放置しておいてそのあとに、ぬるま湯で洗い流してしまいましょう。

 

ぬるま湯でよくすすいだ後は、いつもどおりシャンプー&コンディショナーをします。泡立ちが良くないと感じるときは、シャンプーの量を少し多めにしてください。シャンプーは1回で十分なので、髪の内側も丁寧に洗いましょう。

 

まとめ

関連画像

 

いかがでしたか。ヘアオイルに抵抗がある方も多いかもしれませんが、髪が夜にまとまっているのに、朝起きたときにパサつくのは、髪の水分が奪われ乾燥している証拠。

 

もう一度、髪をきちんと乾かして寝るようにしたり、ドライヤーの使い方に気を付けプラスチックのコームを普段使いするのをやめてみましょう。特に乾燥する季節は特にヘアオイルの存在は重要。

 

潤いを失ってしまうと、髪の毛はパサついてきてしまう。そこで、ヘアオイルを取り入れて、ツヤ感のある美しい髪を手に入れませんか。ヘアパックとしてバスタイムに使うもよし、朝のスタイリングとして使ってもよし、のヘアオイルは万能アイテム。ぜひ、取り入れて、パサつく髪を改善しましょう。

 

 

 

【ブログランキングの応援をお願いいたします】

にほんブログ村 美容ブログ ヘアケアへ
にほんブログ村

 


ヘアケア・スタイルランキング