Pocket

 

 

ダメージを受けてひどく傷んだ髪はパサパサになって、見た目の印象もあまり良いものではありません。ダメージを受けた部分はバッサリ切ってしまうのが、一番の方法なのですが、もう少しロングヘアーを楽しみたい、なんとか見た目を修復したい、と思うのが女子ココロ。

 

パサパサした髪の状態でダウンスタイルにしていると、どんなにメイクをばっちり決めてオシャレをしても、どことなく疲れたような印象を与えてしまいがち。せっかくダウンスタイルを楽しむなら、やはりパサつきは取りたいところ。

 

ダメージを受けて傷んだ髪は、根本的に元には戻せませんが、トリートメントでコーティングすることは可能。そこで、これ以上ダメージをひどくさせないようにヘアトリートメントの選び方と、ハイダメージ用に使えるトリートメントをご紹介しますね。

 

トリートメントの種類と選び方

「hair treatment」の画像検索結果

 

トリートメントには、大きく分けて、バスタイムにシャンプーの後につけて、洗い流す「インバストリートメント」と、お風呂を出てから髪の毛が濡れた状態で髪につける、洗い流さない「アウトバストリートメント」の2つ。

 

どちらも髪の毛の補修とコーティングの効果がありますが、それぞれの特長を知ることで今の髪の状態に合ったトリートメントが選べます。

 

補修効果の高いインバストリートメント

髪の毛の内部の補修に力を発揮するのが、インバストリートメント。シャンプー後の髪はキューティクルが開いた状態になっているので、そこにトリートメントを浸透させます。

 

年代を問わず、共通する「髪のパサつき」の原因は内部の水分量が少なくなっているため。そのため保湿成分が配合されているインバストリートメントを使うのが効果が高まるので、おすすめ。

 

パサつきを解消するためにはしっかりと保湿をすることが大切。ヒアルロン酸などの保湿成分が配合されているインバストリートメントを使用することでパサつきを抑えることが出来ます。

 

おすすめインバストリートメントはこちら⇒髪の乾燥にはトリートメントで保湿!インバストリートメントおすすめ3選

 

髪の毛のコーティング効果が高いアウトバストリートメント

髪の毛のコーティングに力を発揮するのが、アウトバストリートメント。オイルタイプ・クリームタイプ・ミルクタイプ・ミストタイプがありますが、その中でも傷んだ髪にはミルクタイプとオイルタイプの使用がおすすめ

 

ミルクタイプは水分系なので、乾燥やパサつきが気になる方におすすめ。オイルタイプは髪をコーティングするので熱や紫外線などの外的ダメージから髪を守ります。オイルとミルクタイプのダブル使いだと、よりしっとりまとまる髪に。

 

おすすめアウトバストリートメントはこちら⇒ダメージヘアにはトリートメントがおすすめ!市販の洗い流さないトリートメント5選

 

インバストリートメントの効率的な使い方

インバストリートメントをする時に良い仕上がりにするためにいくつかの外せないポイントがあります。

 

トリートメントを使う順番

①シャンプー   ⇒  髪の汚れを落とします。

②インバストリートメント ⇒ 5~10分ほど放置して、髪の内部に浸透させます。

③コンディショナー⇒ 軽くなじませたら放置せずに洗い流します。

 

より良い効果を得るためには、シャンプーの後にインバストリートメントをつけてから、コンディショナーの順番。コンディショナーの後につけてしまいがちですが、シャンプーの後に行うのが◎

 

トリートメントのつけ方

シャンプーの後、タオルドライをして水分を取りましょう。髪に水分が多く残っているとトリートメントの浸透が薄まってしまいます

 

また、トリートメントを髪の根元につけてしまうと、ベタついた仕上がりになってしまうので、インバストリートメントは髪の中間から毛先までにつけましょう

 

適量を使う

髪のダメージが気になるからといって、トリートメントをたっぷりつけると逆効果になるので気をつけて。商品の注意書きを参考に適量を使いましょう。

 

トリートメントをつけた後は時間を置く

トリートメントをつけた後、置く時間は5~10分が目安このとき、温かい方がより髪に成分が浸透しやすくなるので、シャワーキャップや、ホットタオルを頭に巻いて保温するとさらにトリートメント効果が上がります。

 

すすぎをしっかりする

髪をしっとりさせるためにトリートメントを髪に残すのはNG。トリートメントが髪に残るとフケやかゆみの原因にもなりますのでしっかりすすぎましょう。

 

また、すすいだ時のトリートメントが顔や身体にったままになると、ニキビなどの皮膚トラブルの原因。トリートメントをすすいだ後はしっかり顔と身体を洗うようにしましょう。

 

ハイダメージ用インバストリートメント3選

①トリートメント スパ オブ ヘアS2-Va

髪の内から潤いを与えるセラキュート‐Gや尿素誘導体、アミノ酸誘導体、ハスエキスなど補修と保湿効果に優れた成分が豊富に配合。かなりダメージを負った髪にもたっぷりの潤いを与えてくれ、ツヤツヤでなめらかな仕上がりに。毛先のケアにもピッタリのトリートメント。

 

②ルベル イオセラム マスク

髪の表面と内側の両方のケアに優れたハイダメージ用のトリートメント。グリーンナッツオイルを配合した、髪に栄養を与えながらやわらかく整えクセやうねりにアプローチしてくれるもの。潤いを髪の芯の部分まで届けてサラっとした指通りに仕上がります。フローラルグリーンの香り。

 

③サンモニ リッチトリートメント スムース

 

潤いを与える生コラーゲン、ヒアルロン酸、バオバブ種子油やスクワランなど保湿と美容成分を贅沢に配合したヘアトリートメント。髪を補修しながらサラサラでまとまりやすい仕上がりに。髪のうねりも改善してくれるので、広がってまとまりにくい悩みの方にはおすすめ

 

ハイダメージ用アウトバストリートメント3選

①ラ・サーナ プレミオール ヘアエッセンス

美髪成分のみで作られている洗い流さないトリートメントで、髪の水分不足を改善し、ダメージヘアに豊かな潤いを与え、くせ毛を改善してくれます。アロマの香りが特徴でもあるヘアエッセンス。

 

②リシリッチ 利尻ヘアクリーム

髪と地肌のことを考えたノンシリコーン・無添加の洗い流さないトリートメント。 オーガニック植物オイルなど50種もの美髪成分がバランスよく配合されているので、サラサラの手触りに。 ドライヤー熱に反応して髪を補修する「アミノリペア作用」で、スタイリングのたびにダメージを補修。さらに、紫外線・ニオイ・ホコリからも守ってくれ、傷みにくい髪に。

 

③ラスティーク プレミアムヘアケアセット|ヘアセラム ダメージリペア /120mL & ヘアクリームモイスト /120g

 

美容液オイル&保湿クリームのW使いで徹底的に潤いを補充する洗い流さないトリートメント。バスタイムの後に軽くタオルドライしてから濡れた状態で髪にオイルをつけ、ドライヤーで乾かすのがナイトケア。朝のヘアセットのときに乾いた髪につけるのが保湿クリームの方。水分たっぷりのキューティクルに守られた状態の髪にまで引き上げてくれますよ

 

まとめ

いかがでしたか。ダメージを受けた髪も、ヘアケア次第で補修したりコーティングすることが可能なので、どうしてもカットしたくない場合にはトリートメントを使って集中ケアをしてみてください。

 

トリートメントと言っても2種類あり、ダブル使いすることでダメージに早くアプローチできるでしょう。たくさんあるトリートメントの中から、ひどく傷んだ髪に効くトリートメントを選んだので、ぜひ参考にしてみてください。潤ったツヤのある髪を取り戻して、気分をあげてくださいね。

 

 

参考記事:ひどく傷んだ髪にはトリートメントがおすすめ!市販で買える人気ランキング

 

 

【ブログランキングの応援をお願いいたします】

にほんブログ村 美容ブログ ヘアケアへ
にほんブログ村

 


ヘアケア・スタイルランキング