Pocket

 

40代アラフォーの髪の悩みは髪そのものに元気がなくなってくるお年頃。白髪染めやカラーリングで傷んだり、ぱさつきやうねりが酷くなったり・・。まとまってくれれば多少のうねりは許容範囲なのですが、特に雨の日なんて更に広がり収集つかない、なんてこともありますよね。

 

20代や30代の頃のヘアケア用品では追いつかないと感じるアラフォーおとな世代に押さえてほしいポイントと、おすすめのトリートメントについて書いていきますね。

 

40代のパサつきとうねりの原因

加齢により髪質が変化するのは頭皮のエイジング(老化)が原因。年齢と共にだんだん頭皮にたるみが生じるため、毛穴が歪んでしまいその結果、真っ直ぐな髪の毛が生えてこず、うねってしまうのです。

 

一般的に女性は30代後半から新陳代謝が落ちるので、毛母細胞(髪の毛を作り出す細胞)に必要な栄養・血液が十分に行き渡らなくなるのです。そのため、髪質に変化が表れるんですね髪の質が変わるというより、髪を作り出す力が縮小傾向になるため、髪に変化が。

 

髪の大切な水分量も加齢とともに減少していくので、水分量が減ることで髪のキューティクルがはがれてやすくなり、髪にコシやハリがなくなりがち。水分量の減少もパサつきとうねりの大きな原因の一つと言えるでしょう。

 

40代の髪のエイジングケア法

年齢を重ねてもハリのある美しい髪を保つ秘訣はたくさんありますが、中でも押さえて欲しいポイントがいくつか。これらのポイントを押さえるだけで、年齢に負けない若々しい髪を手に入れることが可能。

トリートメントを使う

関連画像

日常的に「トリートメント」を使うことは、ツヤのある美しい髪を育てるために欠かせないヘアケア。トリートメントは髪の表面を保護するだけではなく、髪のダメージを補修する成分も含まれています
洗い流さないタイプのトリートメントは保護機能が高いものが多いので、切れ毛や枝毛が気になる方にもおすすめ。クリーム・オイル・ミストなど、自分の髪質に合ったトリートメントを選んで、ぜひ毎日のケアに取り入れてみてください。

ブラッシングで血行促進

 

関連画像

 

シャンプー前には必ずブラッシングをして、頭皮の汚れを浮かしてあげましょう。ブラッシングで頭皮に軽い刺激を与える事で血行促進の効果も期待できます。

 

頭皮マッサージ

「self scalp massage」の画像検索結果

 

頭皮全体を指の腹を使って優しくマッサージしてあげましょう。コリが取れることにより血行が良くなり頭皮を柔らかくしてくれますし、時間があれば場所を選ばずいつでもできます。

 

食生活の見直し

 

関連画像

 

食生活も偏りがちだと、髪に必要な栄養が十分に行き渡らず健康な髪が生えてこない原因になるので、バランスの良い食事が取れるように心がけていきましょう。仕事で忙しいとどうしても偏りがちになってしまう時などはサプリメントで栄養をサポートするのもおすすめ。

 

トリートメントの種類と選び方は?

「hair treatment」の画像検索結果

 

トリートメントは大きく分けて「インバストリートメント(洗い流すタイプ)」と「アウトバストリートメント(洗い流さないタイプ)」の2つの種類。基本的にはどちらも髪の補修がメイン。

 

インバストリートメント(洗い流すタイプ)

入浴中に使用する、シャンプーの後に使う洗い流すトリートメントのこと。タオルドライをしていない濡れた髪はキューティクルが開いた状態になっているので、トリートメントの成分が髪の奥深くまで浸透し、より髪の補修効果がUP。

 

もちろん髪を補修するだけでなく、栄養成分を与え、髪を活き活きとさせる作用も。髪のダメージが大きい方、カラーリングやパーマをよくする方、お風呂に上がってからケアするのが面倒な方はインバストリートメントがオススメ。

 

アウトバストリートメント(洗い流さないタイプ)

お風呂上がりに使用する、洗い流さないトリートメントのこと。髪を補修しながら髪の表面を優しくガードする効果があり、トリートメントした夜から日中までしっかりと髪を守ってくれます。

ただし、インバストリートメントよりも油分が多いため、一度に大量に使わないようにしましょう。1日中髪をケアしたい方、日中の紫外線から髪を守りたい方、お風呂上りのヘアケアに抵抗がない方はアウトバストリートメントがオススメ。

 

悩み別おすすめトリートメント

ハリ・コシには、髪内部に栄養を入れることで補修するインバストリートメントの見直し、ツヤやパサつきには、髪を紫外線や熱によるダメージから守ったり、髪表面を整えてツヤを出す効果があるアウトバストリートメントを通常のケアと併せて使用することがおすすめ。

 

【ハリ・コシ対策】おすすめインバストリートメント

ハリ・コシ対策には髪のボリュームダウンをさせないノンシリコンのトリートメントがおすすめ。同じシリーズのシャンプーやボリュームケアのシャンプーと一緒に使いましょう。

 

アスタリフト / スカルプフォーカス コンディショナー

アスタリフト

 

ナノ化したセラミドが髪の内部へと浸透し、年齢とともに減少する髪のセラミドを補い、髪の根元からハリ・コシを与えてくれます。バラの女王とも呼ばれるダマスクローズをベースとした上品な香り。

アロマキフィ / ボリュームケアトリートメント

アロマキフィ

女性ホルモンに類似した豆乳発酵液を配合し、髪にハリとコシを与えてくれます。アロマセラピーの観点から睡眠の質を高めるゼラニウムとシダーウッドの香り。

 

スカルプDボーテ / トリートメント ボリューム

スカルプDボーテ

女性ホルモンの低下に着目したソイセラムが配合されたトリートメント。成分をナノサイズのDカプセルにすることで奥まで浸透し、髪を根元から健やかにしてくれます。愛らしいローズの香り。

 

【パサつき・ツヤ対策】アウトバストリートメント

髪のパサつきやツヤを出すにはアウトバストリートメントの中でも、オイルトリートメントがおすすめ。ただしオイルはつけ過ぎるとべたつきやすくなるため、つけるときは少量ずつ手に広げてから、根元を避けて毛先を中心につけていきましょう。

 

ラサーナ / 海藻ヘアエッセンス

ラサーナ

美髪成分エルカラクトンがキューティクルのめくれ上がり抑え、ダメージを受けてパサついた髪もしっとりまとまる髪へと仕上げてくれます。

モッカンオイル トリートメント

モッカンオイル

 

髪に馴染みやすいオイルのため、べたつかずにツヤのある髪へと仕上がります。髪につけると甘いバニラムスクの香りが広がります。

 

フラガール リッチヘアオイル

 フラガールマカデミアナッツやククイナッツなど6種のオイルが髪1本1本をコーティングし、パサつきを抑え指通りが良い髪の仕上がりに。天然精油を使用した贅沢なオリエンタルスパの香り。

 

まとめ

関連画像

 

40代になると急激に髪のパサつきに悩む方が多いと思いますが、今回ご紹介したのはトリートメントがメインですが、根本的に見直すことも多々あるのではないでしょうか。

 

  • シャンプー前のブラッシング
  • 頭皮マッサージ
  • 食生活の見直し

 

始められる所から、少しずつ行って更にトリートメントを使ってツヤのある髪を取り戻しましょう。

 

 

 

【ブログランキングの応援をお願いいたします】

にほんブログ村 美容ブログ ヘアケアへ
にほんブログ村

 


ヘアケア・スタイルランキング