Pocket

 

「髪の毛が細く、量がもともと少ない!」あるいは、「最近髪が細くなって減ったような気がする…」と悩める女子は結構いるもの。髪の量が少ないと、「地肌が見えていやだ・・・」「老けて見えるから恥ずかしい」と悩んでいませんか?

 

でも安心してください。女性の髪の量の変化、特に減った感じがしたり、細くなるのは、一時的なホルモンバランスの乱れによるものが多いので、症状が軽い場合はいくつかの対策をするだけでも改善する可能性が高いです。

 

しかし、すぐに治るわけではないので、髪が復活するまでの間のヘアケア法や、スタイリングアレンジの方法などご紹介していきますね。髪の量が少なくても、地肌が目立たないように工夫をしたり、髪型を少し工夫するだけで全く気にならなくなってしまうかもしれません。

 

そして、原因を知ってきちんと対策を取れば、改善することは十分に可能ですので、安心してくださいね。

 

髪が細く少ない女子に!量を目立たせなくする工夫

髪の量が少ないと、地肌が見えてるようで気になったり、もしかしてハゲかもしれない!と心配になりますよね。でも、大丈夫。冒頭でも述べましたが、女性の髪の量の変化は女性特有のホルモンバランスの影響だったりするもの。

 

そこで、髪に工夫をすることで、簡単に薄い髪を目立たなくすることができます。すぐにできる方法ばかりなので、気軽に取り入れてあなたに合う方法を見つけてくださいね。

 

髪を短くショートへアにする

関連画像

 

細い髪の持ち主がロングヘアの場合は、重さでペッタリとしてしまうために、髪の量が少なく見えてしまうことも。でも、ショートヘアにすることによって、髪が少なくなった時に目立ちやすい分け目やつむじなども、分け目を変えたり、トップを短くふんわり立たせて目立たなくするのも可能。

 

目の位置が真ん中にくるようなシルエットのショートヘア最も効果的なスタイル。ショートヘアはなかなか難しいヘアスタイルですが、一度試してみるのもアリ。

 

前髪を多めに作る

関連画像

 

前髪を多めに作ることで、薄毛という印象を与えず、自然な前髪を作ることができます。髪の量が少ないと、おでこが前髪の間から透けて見えることも。

 

シースルーバングのように、わざとかなり薄くするのはおしゃれになりますが、中途半端におでこが透けていると薄毛という印象になってしまうので、それを避けるためにも、前髪はおでこが透けない程度の厚さにしましょう

 

パーマをかける

関連画像

髪の量が少ないため、全体のボリュームが気になるのであれば、パーマでボリュームアップさせましょう。短い髪型の場合は、トップ部分にパーマをかけることで縦にボリュームを出せますし、つむじや分け目部分も気にならなくなりますよ。

 

また、髪の毛が長い場合でも、毛先にパーマをかければボリューム感をカバーでき、可愛く自然な仕上がりに。ゆるめのパーマやウェーブなど、さまざまなスタイルがあるので、自分の好みや髪型に合わせてパーマをかけましょう。

 

カットで立体感を出す

関連画像

 

髪の量が少ない方は、立体感が出しやすい髪型にすることも大切。量が少なく、さらに髪が柔らかい場合、どうしても髪の動きが少なくボリュームが出せません。

 

ですが、カットの際にレイヤー(段)を入れたり、スタイリングの際にワンカールにしたりと、ちょっとした工夫で立体感を出すことができます立体感を意識することで、簡単にボリュームアップできるので、髪型を選ぶ時は立体感のあるものを選びましょう。

 

ウィッグを着ける

ウイッグ(カツラ)はとても有効。ウィッグは髪型の種類もたくさんあり、手軽に付けられるので便利でおすすめ。髪の少なさを気にする方にだけでなく、逆に髪が多くまとまりにくい方にもおすすめ。

 

接着材でくっつけるタイプのものもありますが、頭皮に刺激を与えてしまったり、周りの髪が抜けるおそれがあるのでおすすめしません。被るタイプかピンで留めるタイプのもの選びましょう。

 

ヘアバンドやターバンを使う

 

髪の量が少なくてもこれがあれば大丈。ヘアバンドやターバンなどで、生え際や分け目を可愛く隠してしまえばいいのです。髪が短くても長くてもどんな髪型の人でもアレンジが可能なので、すぐにどうにかした場合に便利なアイテム。

 

もちろん、スカーフやバンダナを使うのも手軽でオシャレ。生え際を覆うようにつけるのがポイント。

 

髪が細く・柔らかく・少なくなる原因

生まれつき髪の本数が少ない人もいますし、髪が細く柔らかい人はどうしても髪が少なく見えてしまいます。髪が少ないと、本当に悩みが絶えませんよね。

 

では、なぜ髪が少なくなってしまうのか?生まれつき髪が少ない人は改善できるのか?を見ていきましょう。

 

髪が細く、少なくなる原因は?

生まれつき髪が少ないのとは別に、髪が薄苦なるのは男性だけではなく、女性もなります。女性は通常男性ホルモンよりも女性ホルモンが活発に分泌されています。

 

この女性ホルモンには髪が抜けるのを抑える働きがあり、薄毛になることを防いでくれるのです。正常な時は女性ホルモンが男性ホルモンを抑制していますが、しかしストレスや産後や更年期などによってホルモンバランスが乱れ、女性ホルモンが減少し、男性ホルモンが活発になり、髪が抜け、薄毛の原因に。

 

生まれつき髪が細く少ない場合は改善するのか?

残念ながら、生まれつきの髪の量はどうすることもできません。ヒトの髪の量は先天性欠毛症という病気でない限り、個人差がありながらも6万〜14万本ほどあると言われているので、この差が髪の少ない人と多い人の差になるでしょう。

 

しかし、髪の量が少なく見えるもう1つの理由は髪の細さ。髪は血管によって運ばれた栄養によって育つため、髪にしっかりと栄養を届けられれば、髪が太く成長し、髪の量が多く見えます。

 

少ない髪を目立たなくするヘアアレンジ

髪が細くて少なくてもヘアスタイルを工夫すれば目立たなくすることが可能。可愛くアレンジして楽しみましょう。

 

ショートヘア

「short hair」の画像検索結果

 

ショートこそ薄毛を隠すのに適した髪型。なぜなら、分け目をなくすセットがしやすく、スタイリングによって簡単にボリュームを出すことができるから。

 

前髪を多めにとって、ボリュームを出したショートもおすすめ。小顔効果があるので、人気の髪型。生え際の薄毛やおでこを隠すのにピッタリ。

 

アップスタイル

 

アップスタイルにすることで、分け目や頭頂部の薄毛を隠すことができます。ポニーテールだと、髪の量が少ないことがわかってしまう…。そんな時は、お団子にしてしまうのがおすすめ。

 

お団子にすれば髪の量も気になりませんし、分け目を作らずに結べば、地肌が見える心配もありません。ゆるく作ってもいいですし、シニヨンスタイルで大人っぽくまとめるのも上品に仕上がります。

 

ポンパドール

関連画像

 

前髪を上げてしまうことで、頭頂部の薄毛を隠すことができてとても優しい印象に。前髪をあげるので、無理に厚い前髪を作らなくても、毛量が気になりません。

 

普段できるアレンジが楽なものや、パーティーなどでできる凝ったものまで、さまざまなスタイルがあるので、シーンによっても使い分けられ、ショート、ロングなど、髪の長さに関係なくできる髪型なのでおすすめ。

 

さらに、真ん中に分け目がある場合、分け目も隠せるので一石二鳥

まとめ

 

いかがでしたか。髪の量が少ないと悩む人に向けて、薄い髪を目立たなくさせる方法から、ヘアスタイルをご紹介しました。髪の量が少々少なくても、きっちりと対策をすれば、確実に改善することが可能。

 

髪の量が少なくても楽しめるヘアスタイルもあるので、美容師さんに相談してご自身に合ったヘアスタイルを使ってみてください。改善しながら、ヘアアイテムやケアを楽しんで、取りいれてみてくださいね。

 

 

 

【ブログランキングの応援をお願いいたします】

にほんブログ村 美容ブログ ヘアケアへ
にほんブログ村

 


ヘアケア・スタイルランキング