Pocket

 

傷んでしまった髪はヘアサロンでお手入れしてもらうのは簡単で効果的ですが、日々のお手入れも大切。日常生活で髪をぞんざいに扱ってはサロンでせっかくキレイにしても意味がありません。

 

自宅で簡単にセルフケアができるトリートメント。ヘアサロンでのトリートメントをした時の最高の状態を維持するためには、ホームケアが重要。髪に必要な栄養を補いながら洗い、ダメージを予防する事が可能。

 

女子なら、いつまでも美しく、髪の本来の輝きを取り戻したいですよね。毎日の基本的なケア方法をご紹介していきます。

 

美髪をつくるシャンプー&トリートメントのコツ

「washing hair」の画像検索結果

 

ダメージヘアから脱却する第一歩はまず、予洗いをしっかりすること。トリートメントの前に基本はシャンプーを見直しましょう。

 

まず、髪を濡らす前に毛先の方からブラッシングをして髪の毛のもつれをほぐしてほこりやゴミを落としておきましょう。その後、シャワーで髪や頭皮をまんべんなく濡らす”予洗い”を。

 

それだけで70~80%の汚れは落ちるのです。そして、シャワーの温度は38度が理想

 

トリートメントの基本の使い方は、トリートメントのタイプによって異なります。「洗い流すタイプ」のトリートメントと、「洗い流さないタイプ」のトリートメントを使うときのポイントを説明します。

 

洗い流すトリートメントの使い方

「putting hair conditioner」の画像検索結果

 

シャンプー後は髪についた水気をしっかり切ってから、トリートメントをつけましょう。シャンプーの水気を切らずにそのままトリートメントをつけてしまうと、トリートメントの良さを実感できない可能性が。

 

トリートメントを適量手に取り、両手をすり合わせて指の間に広げ、毛先からつけていきましょう。傷みやすい毛先からつけていくのがおすすめ。毛先を中心に手ぐしでムラにならないよう、トリートメントをしっかりとなじませましょう。

 

つける時のポイント①

このときに注意しなければいけないポイントは、毛先を強くこすらないようにすること濡れた毛先は、髪同士がこすれることによって枝毛や切毛の原因になる場合があるので、こすらないようになじませましょう。

 

つける時のポイント②

トリートメントをつける際に、トリートメントが頭皮につかないようにすることがポイント。頭皮についてしまうと毛穴をふさいでしまい、頭皮に負担がかかる可能性がありますので、髪の毛の根元から離してつけましょう。

 

使い方③くしで軽くとかす

 

関連画像

 

 

トリートメントをつけた後に目の粗いくしを使ってとかすと、トリートメントがまんべんなく髪全体に行き渡るのでオススメ。目の細かいくしを濡れた髪に使ってしまうと、キューティクルを傷つける原因となる場合があるので、トリートメントの後にくしを使うときは、できるだけ目の粗いくしを選んでください。

 

またくしで髪をとかす際には、くしに髪がからまっても、ひっぱったり無理矢理くしを通そうとせずに、からまった糸を1本ずつほどいていく様にからまりをとりましょう。

 

使い方④トリートメントをつけて3~5分置く

トリートメントをつけた後の放置時間は、3~5分程度、長くてもトリートメントをつけた後、10分程度を目安にして置いて下さい。ちなみに、コンディショナーは髪を表面から整えるものなので、髪全体になじませたらすぐに洗い流すようにしましょう。

 

トリートメントをつけた後のポイント

 

特に、切毛や枝毛などの傷みが気になる方は、蒸しタオルシャワーキャップ使って傷んだ毛先をお手入れしましょう。タオルを熱いお湯につけて絞り、そのタオルを頭に巻く、またはシャワーキャップをかぶると、トリートメントが更に髪になじみやすくなりますよ。

 

使い方⑤髪はしっかりとすすぐ

髪につけたシャンプーやトリートメントは、しっかりとすすぎましょう。すすぎの目安は、すすいでいる手のヌルヌル感がなくなるまで。

 

すすぎが十分でないと、髪に残ったトリートメントによって頭皮のフケ・カユミや背中ニキビの原因になるので、ヌルヌル感が残っていないか、確認しながらすすぎましょう。

 

洗い流さないトリートメントの使い方

関連画像

 

洗い流さないトリートメントは大きく分けて3つ。

オイルタイプ

髪にうるおいを与え、切毛・枝毛などの傷みを防ぐ。熱による傷みを防ぎたい方におすすめ

ミルクタイプ

保湿成分が配合されているものが多く、傷んだ髪にうるおいを与える。髪が広がりやすい方にもおすすめ

ミストタイプ

髪へのなじみがよく、ミストもミルク同様にうるおいを与える。ただ保湿力が弱いので、乾燥がひどい髪には不向き

 

使い方①シャンプー、リンス後の洗った髪をしっかりタオルドライ

シャンプー・リンス後の髪は、しっかりタオルドライしてください。

 

使い方② 適量を手に取り髪につける

トリートメントを適量手に取ります。このとき、メーカーおすすめの使用量を参考にしましょう。手に取ったトリートメントを、指の間、手のひら全体に広げ、毛先からつけ全体に伸ばしていきます。

 

使い方③ 髪全体にもみこんでなじませる

髪を内側からすくい取るように軽く握り、もみこむようにして髪全体になじませます。洗い流すトリートメント同様に、髪同士をこすらないようにすることが大切。

 

なじませた後に、髪に指を通して指どおりが良いくらいが、トリートメントの適量指に髪が絡まる程度のキシキシ感があるときは、トリートメントが足りていない可能性があるので、少し足してください。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。今回はトリートメントの基本の使い方についてご紹介しました。

 

美容室でトリートメントしてもらうのも効率的で良いのですが、経済的なことを考えると頻繁には通えないもの。そこで、美容室で使われているトリートメントを使って、自宅でトリートメントをしてみてください。

 

上記の方法で、しっかりトリートメントを定期的に行うと、数ヶ月に1度の美容室でのトリートメントより効果が発揮是非、一度お勧めトリートメントを買って、試して頂けたらと思います。自宅でトリートメントをしてダメージヘアから脱却し、綺麗な髪をサラサラさせましょう。

 

 

 

【ブログランキングの応援をお願いいたします】

にほんブログ村 美容ブログ ヘアケアへ
にほんブログ村

 


ヘアケア・スタイルランキング