Pocket

 

髪の毛が、パサついているとツヤがなく実年齢よりも老けて見えたり、乾燥しているために広がりやすいといったあまり良いイメージがありません。夜は、髪がまとまるのに、朝起きると髪がパサパサになっていることってありませんか。

 

せっかく、トリートメントをしたり、きれいにしても間違ったヘアケアの仕方や、髪の毛をよく乾かさずに寝てしまうと、髪の水分が失われてパサパサになってしまい、朝のスタイリングに困ることに。ただでさえ時間のない忙しい朝なのに、スタイリングに時間は出来るだけかけたくありませんよね。

 

なかなか髪がまとまらずに鏡の前で苦戦しているという方におすすめのヘアケア方法をご紹介していきますね。ポイントとしては、「スタイリング剤を使う」、「熱を加える」、「一度でまとめようとしない」を意識してセットしましょう。

 

朝のヘアケアに使うスタイリング剤の選び方

関連画像

 

髪をおろしたダウンスタイルのときはもちろん、まとめ髪にするときなどにはスタイリング剤を使いましょう。パサついた髪にツヤを出してまとめやすくするにはスタイリング剤が欠かせません。

 

しかし、髪質によってもおすすめできるスタイリング剤の種類は変わります。順番に見ていきましょう。

 

髪質が普通〜硬い髪向けにおすすめ

このタイプの髪質は、髪の毛が固く太く、さらに乾燥してパサついている状態ですので、普通のスタイリング剤ではなかなか髪の広がりは治まりません。髪の傷み具合にもよりますが、特に剛毛の人はスタイリング剤選びで間違ってしまうとパサつきやゴワゴワ感はなかなか改善されません。

 

ヘアオイル 

「best 5 hair oil」の画像検索結果

 

髪質が普通の人はヘアオイルでなければならないというわけではありませんが、普通の中でも硬めの髪質の人や剛毛の人はヘアオイルがおすすめ。髪質が剛毛の人や硬めの人は髪が太くゴワゴワしている上に乾燥してパサついている状態。

 

元々硬めの髪の上に乾燥してしまっているので、パサつき改善と髪を柔らかくすることを同時に行えるヘアオイルを使うとよいでしょう。ヘアオイルは髪にとても馴染みやすく保湿力が高いので髪が硬めの人でもしっとりとした柔らかい髪になり、まとまりのある潤ツヤ髪になります。

 

また、朝のスタイリング剤としてだけでなく、タオルドライをした濡れた髪につけることでドライヤーなどの熱から髪を守ってくれます。使い方は、パサつきが特に気になる場合は毛先から付け、手に余った分を表面につけましょう。こうすると、つけ過ぎによる失敗がなくなります

 

髪質が柔らかい〜普通の人向けにおすすめ

髪質が柔らかい人や、普通の人でも柔らかめの髪質の人は、髪が細いのでヘアオイルを使用すると髪がべたついてギトギトに見えてしまいます。また、ヘアオイルほど油分の多いものではなくても、ほどよい油分があれば十分浸透していきますので、軽い仕上がりになるスタイリング剤がおすすめ。

 

ヘアミルク

「ミルボンヘアミルクシリーズ」の画像検索結果

 

髪が柔らかく細目でパサつきが気になるという人は髪の修復とパサつきを改善してくれるヘアミルクがおすすめ。ヘアオイルは油分が多いのに対し、ヘアミルクの主成分は水なのでベタつきが少ないスタイリング剤。

 

ヘアミルクには水だけではなく油分も含まれているので髪のパサつきを抑えながら髪を修復してくれます。ヘアオイルほどではありませんが、ヘアミルクも高い保湿力があり、長時間潤いが持続。

 

主成分が水なので、ヘアオイルのように重くならず軽くてサラリとした質感になるので、髪が柔らかい人や細い人におすすめできます。猫っ毛でオイルはベタついて髪に合わないと感じているなら、ヘアミルクを使ってみましょう。

 

パサつく髪のツヤの出し方

関連画像

 

髪の毛は熱を加えることで表面の毛流れや凹凸を抑えるので、ツヤが生まれます。とはいえ、忙しい朝にゆっくりブローをするのは大変ですよね。そんなときはコテやアイロンで熱を加えると、簡単にツヤを出すことができます

 

でも、ここで気をつけて欲しいのが、髪は熱に弱いので長時間ヘアアイロンやコテを髪にあてるのはダメージの元。アイロンやコテを使う前にスタイリング剤で髪を保護してから、サッと手早く仕上げましょう。

 

特に毛先が傷んでいる時は毛先だけゆるく巻いたり、ツヤを出したい箇所を中心的に熱を加えるだけでも仕上がりは変わって見えます。また、「艶出しスプレー」といった仕上げ用スプレーをした後、優しくブラッシングするだけでも手早くツヤツヤな髪にスタイリングすることができますよ。

 

一度にまとめず髪はブロッキングして

関連画像

 

スッキリまとめたいけど、サイドや襟足がパラパラ落ちてしまって、うまくまとめられないというのは一度にまとめる量が多いから。忙しい朝の時間だから、手早くスタイリングは済ませたいところ。

 

でも、一回で決めようとせずに、小分けに止めることできっちり止めることができてスッキリ見せることができます。時間がかかりそうと思いがちですが、上手く決まらず何度もやり直しているより、断然早く簡単に仕上がりますよ。

 

一見面倒に感じてしまいがちですが、上手くいかない、できない、急がなきゃ! といったストレスから解放され、結果時短になるので、是非お試しください。

 

まとめ

 

いかがでしたか。パサついた髪を朝の忙しい時間にサッとツヤを出してスタイリングする方法をご紹介しました。

 

髪のパサつきは見た目の年齢も下げてしまいますし、ひどくなると清潔感もなくなってあなたの印象が良くないことも。せっかく素敵な服を纏ってメイクもバッチリ決まっても、髪の毛がパサパサしているだけで全体の印象がマイナスに。

 

そうならない為には、日々のヘアケアが最も大切。そうすれば朝のスタイリングも手早く簡単なものになるでしょうスタイリング剤もうまく利用すればヘアケアができます。いつでもツヤのある髪を手に入れて人生を楽しみましょう♡

 

 

 

【ブログランキングの応援をお願いいたします】

にほんブログ村 美容ブログ ヘアケアへ
にほんブログ村

 


ヘアケア・スタイルランキング