Pocket

 

髪にハリやコシがなくなり、何となく年齢を感じるのが40代。アラフォー世代におすすめなのがエイジングケアシャンプー

 

美容室やドラッグストアでもたくさんのシャンプーが販売されていますが、白髪ケア用やダメージヘアの補修、ノンシリコンで地肌にやさしいものなどいろいろあり、種類も豊富。

 

そこで、エイジングケアシャンプーの選び方をご紹介していくので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

エイジングケアシャンプーは、加齢による髪の悩みに有効な成分を含み、しっかりと洗浄できることが大切。では、具体的にどんなものを選んだらいいのかを書いていきますね。

 

頭皮環境を整える成分に注目

年齢による髪の悩みは、薄毛や抜け毛、ハリ・コシ不足などさまざま。これらの主な原因は、頭皮の老化。健康な髪を育てるためには、土台となる頭皮環境を整えることが大切。

育毛効果の高い成分が配合されたものを選ぶ

関連画像

 

健康的な髪を育てるには、血行促進作用のあるセンブリエキスやローズマリー葉エキスが配合されたものがおすすめ。センブリエキスとローズマリー葉エキスはどちらも育毛シャンプーなどでよくみかける成分で、頭皮の血行促進や毛根を刺激して発毛を促すとされています。

 

また、育毛促進や抜け毛予防に効果が期待できるとされているキャピキシルも注目されている成分ですので、これらが含まれたものなら健康な髪が育ちやすいのでおすすめ。

女性の髪の悩みにはイソフラボンやプラセンタ

「soy beans」の画像検索結果

 

女性の場合、加齢によって女性ホルモンが減少すると、男性ホルモンの方が多くなるため抜け毛や薄毛になると言われています。これを防ぐには、イソフラボンやプラセンタ、オタネニンジン根エキスが配合されたシャンプーがおすすめ。

 

イソフラボンとオタネニンジン根エキスは女性ホルモンとよく似た働きをする成分で、またプラセンタは女性ホルモンのバランスを整える作用が。最近髪の毛に年齢を感じるという女性は、これらが配合されているシャンプーを試してみてください。

 

毛穴汚れや皮脂を落とせるものを選ぶ

関連画像

 

毛穴汚れや皮脂も、頭皮環境の悪化を招くので、しっかり洗浄するには、天然クレイや海洋ミネラルを含んだシャンプーがおすすめ。クレイは毛穴の汚れを吸着して落とす効果があり、海泥溶岩クレイなどとして配合されていますよ。

 

また、天然のミネラルも頭皮汚れを落とす効果が高い成分で、古い角質も除去してくれるので、頭皮のニオイが気になる方にもおすすめ。地肌を清潔に保つにはピッタリ。

ヒアルロン酸やコラーゲンで頭皮に潤いを与える

「ヒアルロン酸やコラーゲン、リピジュアなど補水力の高い成分が含まれたシャンプー」の画像検索結果

 

頭皮の乾燥が気になっている方は、保湿成分が豊富に含まれているシャンプーを選びましょう。年齢とともに水分が失われるのは地肌も同じで、頭皮が乾燥すると健康な髪を育てることができません。

 

ヒアルロン酸やコラーゲン、リピジュアなど補水力の高い成分が含まれたシャンプーなら、洗浄後も頭皮を乾燥から守ってくれます。アルガンオイルホホバオイルツバキオイルなども保湿効果が高いので、潤いのある髪に。海藻エキスシアバターなども天然の保湿成分として知られており、髪に潤いを与えてくれます。

 

毛髪ケア成分でハリやコシをアップ

毛先までハリとコシのある髪を育てるなら、毛髪ケア成分にも注目しましょう。毛髪ケア成分には、主に髪のダメージを補修する成分と保湿する成分があります。

ダメージによるパサつきには、ケラチンやCMCで補修を

「ケラチンやCMC(細胞間脂質)配合されているシャンプー」の画像検索結果

 

ヘアカラーやパーマ、紫外線などによるダメージで髪がパサついている方は、ケラチンやCMC(細胞間脂質)が配合されているシャンプーがおすすめ。

 

ケラチンはスカルプシャンプーなどに配合されている成分で、髪の内部を補強してくれる効果が。CMC(細胞間脂質)にも髪内部のダメージを補修する作用があり、ダメージヘアを滑らかな状態に。

 

ダメージでパサついた髪は見た目の印象がどうしても実年齢よりも上になりがち。まとまりのある状態にすれば健康的で若々しい印象を与えられますよ。

 

保湿成分や天然オイルでまとまりを与え、乾燥を防止

「argan oil shampoo in the bathroom」の画像検索結果

 

髪がパサついてしまう、広がりやすいという方は、保湿成分や天然オイルが豊富なシャンプーを選びましょう。パサつきや広がりは、年齢とともに女性ホルモンが減少したり、頭皮の血行不良などで起こるもの。

 

頭皮環境を整えるには時間がかかりますが、シャンプーにまとまりを与える成分が含まれていれば、髪を洗った直後から効果を実感!保湿成分は、頭皮の乾燥に効果的なヒアルロン酸やリピジュア、コラーゲンなど。

 

これらで髪に水分を与えつつ、アルガンオイルツバキオイルなどでしっとりさせればパサつきを軽減することが可能。毛先まで絡みにくく、指通りの良いなめらかな髪に。

 

肌質に合った洗浄成分でしっかり洗う

エイジングケアシャンプーに使われる洗浄成分は、アミノ酸系・石鹸系・高級アルコール系と大きく3種類。それぞれの洗浄力の違いを理解して、ご自身の肌質に合ったものを選んでみてください。

乾燥肌には潤いを与えてやさしく洗う「アミノ酸系」

関連画像

 

アミノ酸系は地肌と髪にやさしい洗浄成分で、洗浄成分が頭皮に残りにくく、潤いも与えるので乾燥肌の人にぴったり。

 

ただしアミノ酸系と言っても、頭皮に刺激を与える石油系の合成界面活性剤を使っているものも。これでは頭皮にやさしいとはいえません。石油系合成界面活性剤はラウリル硫酸○○やラウレス硫酸○○、○○スルホン酸という成分表示。

 

一方、アミノ酸はコカミド○○やココイルグルタミン酸、ココイルアラニンという名前で表示。 アミノ酸シャンプーは、洗浄成分にこれだけしか使われていないので、ラウリル硫酸○○などの表記はありません。 ですが、アミノ酸系洗浄成分が配合されているとしても、ラウリル硫酸○○の表記があれば、それはアミノ酸配合シャンプーということに。

ノンシリコンなら刺激が少なく、頭皮トラブルを起こしにくい

関連画像

エイジングケアシャンプーではノンシリコンを選ぶのがおすすめ。シリコンは洗い残しがあると毛穴詰まりなどの頭皮トラブルを起こしやすく、かゆみや臭いなど不快な症状に繋がります。

 

また毛穴詰まりを起こすと健康な髪が育ちにくくなってしまうので、できるだけノンシリコンを選んでおきましょう。シリコンが入っていると洗い上がりの髪がきしみにくいというメリットがありますが、ノンシリコンでも、シャンプー後のトリートメントをしっかり行えばきしみにくくなります。

 

まとめ

関連画像

 

いかがでしたか。加齢による髪のトラブルには頭皮の老化が大きく関わっています。若い頃のような髪のツヤやハリを取り戻したいなら、頭皮の環境を整えることがなによりも大切!

 

髪の毛の印象だけで見た目年齢がぐっと下がりますよ。若々しさをキープするためにもぜひ、髪や頭皮のケアを入念に行ってみてくださいね。

 

 

【ブログランキングの応援をお願いいたします】

にほんブログ村 美容ブログ ヘアケアへ
にほんブログ村

 


ヘアケア・スタイルランキング