Pocket

 

30代の中頃までは、少しくらい髪がパサついたとしても、ヘアオイルなどを髪につけるだけで、ツヤツヤはすぐに取り戻せたけれど年齢とともに、いつの間にか髪質が変化して、生えてくる髪がチリチリになることはありませんか。このように、加齢とともに変化するのは、お肌だけではありません。

 

特に、30代後半から40代にかけての時期は髪質に変化は訪れやすい時。女性は妊娠や、出産、更年期、と変化の多いもの。更にそこへ婦人科系の病気などが絡んでくると、髪に変化があって当然。

 

女性にとって見た目の印象を左右する大切なパーツが髪の毛。どんなにおしゃれをしてメイクをバッチリキメても、髪がパサついてるだけで実年齢よりも老けて見られがち。ということは、髪がしなやかで美しく潤い、ツヤがあるだけで、若々しくみられ10歳以上若く見られることだってできるんです

 

そこで今回は、加齢によるパサつきがちな髪を治すヘアケアや、チリチリに生えてきた髪を改善する方法をご紹介していきますね。

 

髪のパサつきの原因

髪がパサつく原因は様々ですが、30代後半から40代にかけてパサつきが目立ち始めたのであれば、加齢によるものが考えられます。では、どうして年齢を重ねるごとにパサついていくのでしょうか。

 

女性ホルモンの低下

 

髪のパサつきの原因に女性ホルモンの低下が挙げられます。女性ホルモンはエストロゲンとプロゲステロンという2つの性ホルモンから成り立っているのですが、特にエストロゲンという女性ホルモンの役割は、女性らしい丸みのある体のラインを作ったり、バストを作る、そして女性らしい艶やかな髪に成長させたり髪を増やすのを助けます。

 

けれども、エストロゲンは40歳を境に減少。それは50代に閉経を迎えるための準備段階ということで、40歳ぐらいから閉経に向けてどんどんエストロゲンが減少してしまうのです。

 

エストロゲンは髪の成長に欠かせないホルモンですので、エストロゲンの減少が始まる40代になると美しくツヤのある髪を持続させることができなくなり、髪のパサつきにつながります。

 

また、婦人科系の疾患の関係でホルモンを抑える薬を飲んでいる場合も髪がパサついたりします。この場合も同じく、エストロゲンを薬の力で抑え込むことにより、髪の成長も妨げられパサつく原因に。

 

そしてエストロゲンが減少し始めると「更年期」という時期に入っていきますので、特に体の異変が多くなります。エストロゲンが減少しホルモンバランスが崩れると体が火照ったり、動悸がする、めまいがする、大量に汗をかく、イライラする、不安になる、吐き気がするなどの症状が出てきます。

 

閉経に向けてエストロゲンが減少していくのが「更年期障害」と呼ばれるもの。エストロゲンの減少で髪のパサつきが起こったり、更年期障害のような症状が出る人もいれば出ない人も。

 

40歳前後から、急に髪がパサつきだした、動悸がするようになったなど何かしら更年期障害の症状が出ているのであれば女性ホルモンのバランスが乱れ始めているのかもしれません。

 

そこで、ホルモンバランスを整えるのに、プラセンタサプリがおすすめ。プラセンタサプリはホルモンバランスを整えるだけでなく、血流を整えたりと更年期障害の原因となり得るものをどんどん改善してくれます。プラセンタ注射が有名ですが、わざわざクリニックに通わなくてもサプリで補えます。

 

加齢による水分量の低下

髪がパサつく大きな原因となっているのが加齢により体内の水分量が減少すること。人体の約65%が水分と言われていますが、赤ちゃんの水分量はなんと約90%もあり、成人すると約70%にまで減少し、50代になると50%にまで水分量が減少。

 

体内の水分が減少し始めるのが40歳前後になるので、加齢によって体内の水分量が減少すると共に髪に供給する水分も減少し、髪がパサついてしまう原因に

 

体内の水分量が減少すると髪がパサつくだけではなく体にも悪い影響が。急に髪のパサつきが気になりだしたら、体内の水分量も減少しているということなので、できるだけ早く体内の水分量を増加させる努力をしましょう。

 

そこでおすすめなのが、シリカ水。シリカとは、ケイ素(硅素)のこと。地球上では酸素についで2番目に多い元素で、自然界では土や岩などに含まれる鉱物(ミネラル)の一種。

 

シリカ水は、そのケイ素を含有している水(ミネラルウォーターの一種)ということ。シリカにはさまざまな効果があるとされ、髪の毛や爪を美しく保つだけでなく、美肌やデトックス効果もあるのです。

 

シリカは人体のあらゆる部位に含まれていますが、年齢と共に減少します。シリカ水を飲んで、シリカを補うことで、水分補給だけでなく、肌や髪などを若々しくキープ。

 

髪がチリチリに生える原因

髪がチリチリになる原因はいくつかありますが、頻繁にヘアカラーをしたり、髪の手入れを怠っていたりすると、髪はチリチリとうねった状態になります。「せっかく縮毛矯正をしてストレートにしたのに、すぐに髪がうねって困る」と悩んだことはありませんか? 

 

遺伝による毛穴の形

生まれつきチリチリのくせ毛な人は、生まれつきの毛穴の形によるもの。髪が傷んでいるわけではありません。

 

加齢による毛穴の形状の変化

加齢によって顔の皮膚がたるんでくるのと同様に、頭皮もたるみます。頭皮のたるみは毛穴の形をゆがめ、そこに生えてくる髪もうねって、チリチリとしたくせ毛になって生えてきます。

 

パーマやヘアカラーなどによるダメージ

パーマやヘアカラーはどうしても薬剤を使うので頭皮や髪に負担が。頻繁に繰り返していると髪の中にあるタンパク質が流れ出て、髪はまっすぐと伸びた状態を保てなくなってチリチリしたくせ毛となります。

 

チリチリに生えてきた髪を改善する方法

いくつか方法はありますが、原因によって改善策が変わってくるので、順番に見ていきましょう。

 

チリチリした髪が遺伝の場合

ストレートパーマや縮毛矯正でチリチリしたくせを治すのが改善策。クセの程度が強くなければ、ストレートの髪に近い状態に仕上がることもありますが、どちらにしても、使う薬剤が髪に与える負担が大きいので、ダメージヘアになる可能性も大。

 

信頼できる美容師さんに相談して、必要なヘアケアをして美しい髪をキープしましょう。

 

加齢によるチリチリ髪の場合

人は加齢に逆らうことはできませんが、老化現象を緩和したり、改善したりすることは可能。例えば、スカルプ美容液を使って、頭皮マッサージを日々のケアに取り入れることで頭皮のたるみを予防・改善

 

指を軽く広げて耳の上に置き、爪をたてずに指先を使って揉み込みます。マッサージによって頭皮のたるみが引き締まり、抜け毛予防や毛穴詰まりの予防・改善にも役立つので、薄毛で悩んでいる人にもおすすめの方法。

 

関連記事:髪のパサつき、うねりにはスタイリング剤にもなるオイルで補修して治す

 

まとめ

 

いかがでしたか。チリチリ髪は遺伝や老化によっても起こりますが、髪のダメージも大きな理由のひとつ。ヘアカラーやパーマをかけるのはオシャレを楽しみたい女子にとって欠かせないもの。

 

でも、髪に負担をかけた分ケアしないと髪のダメージは進み、髪のうねりやクセの原因に。チリチリ髪の原因が遺伝の場合は縮毛矯正、老化の場合は女性ホルモンを補うのにプラセンタサプリ、頭皮のたるみの対策にスカルプ美容液、髪のダメージの場合は日頃のヘアケアといったように、チリチリの原因ごとに対策を行なうことで、少しずつ髪の状態を良くできます。

 

潤ったツヤツヤ髪を手に入れて、オシャレに恋に人生を楽しみましょう♡

 

 

 

【ブログランキングの応援をお願いいたします】

にほんブログ村 美容ブログ ヘアケアへ
にほんブログ村

 


ヘアケア・スタイルランキング