Pocket

 

40代になると、急にコシがなくなったり、ツヤがなくなってパサついたりと髪の悩みも増えてきませんか?元々くせ毛でも、40代になってうねりがひどくなってきた、という声もよくお聞きします。

 

これは女性ホルモンのバランスが乱れることも原因の一つですが、普段のヘアケアも深く関係していますよ。ヘアオイルやトリートメントなどを色々試す前に、ぜひ取り入れてほしいことを書きますね。

 

40代で髪がパサつく原因

髪がパサつく原因は色々ありますが、若い頃はツヤツヤサラサラの髪だったのに、40代を過ぎた頃から、急に髪がパサパサになってくるということであれば、特有の原因が。考えられる主な理由は3つ。

 

女性ホルモンの減少

関連画像

 

年齢を重ねると髪がパサつくのは女性ホルモンの分泌が低下するため。女性ホルモンには2つのホルモンがあって、そのうちのひとつ、エストロゲンという女性ホルモンにの働きは、髪のハリやコシを作るということ。

 

また、お肌や頭皮の潤いを保つという働きも。40代なかば、更年期にさしかかると女性ホルモンが急激に減リはじめ、パサつきなど髪に悩みにつながることに。

 

40代に入り急激に髪がパサつきだした、動悸がするようになったなど何かしら更年期障害の症状が出ているのであれば女性ホルモンのバランスが乱れ始めているサイン

 

加齢による水分量の減少

 

意外と見落としがちなのですが、40代になってから髪がパサつく原因の一つが加齢により体内の水分量が減少すること。人体の約65%が水分と言われていますが、実はこの数値は平均的な数値で、年代によって体内の水分量は全く違ります。

 

赤ちゃんの水分量は約90%もあるのに対して、成人すると約70%にまで減少し、50代になると50%にまで水分量が減少。体内の水分が減少し始めるのが約40歳くらいなので、どうしても40歳を超えると体内の水分量が減少すると共に髪に供給する水分も減少し、髪がパサついてしまう原因に

 

冬に乾燥で肘や膝がかさつく、または顔がかゆくなったりすることはありませんか?それは体内の水分量が減少することに関係アリ。体内の水分量が減少すると髪がパサつくだけではなく体にも影響が出るので、できるだけ早く体内の水分量を増加させる努力をしましょう。

 

加齢による新陳代謝の低下

「woman checking her body at mirror fat」の画像検索結果

 

30代前半まではさほど気にしていなかった体の変化も、35歳を超えたあたりから、新陳代謝が低下してくるため変化に気付きやすいのではないでしょうか。

 

新陳代謝が低下してくると血液の流れも悪くなり髪を作っている毛母細胞に十分な栄養を届けることができません体に入った栄養は血液にのって生命維持に必要な臓器に優先的に運ばれるので、髪に栄養が運ばれるのは最後。

 

つまり、血流の悪さで必要な栄養も届けられない状態になってしまうので、栄養の行き届いていない髪はやせ細り弱々しい髪質になりパサつきも起こるという結果に。

 

ツヤのあるサラサラの髪にする方法

髪をツヤツヤでサラサラにするには、何も美容院に頻繁に通ってヘアトリートメントを受けるだけではありません。毎日のほんのちょっとした心掛けで驚くほどツヤのあるサラサラ髪が手に入ります。順番に見ていきましょう。

 

ミネラルを豊富に含む良質の水分を1日2リットルは飲む

関連画像

 

40代の方に最もおすすめなのが「ミネラルを豊富に含む水」を飲むことミネラルは髪の成長に欠かせない成分であると同時に、体を元気に活動させるにはなくてはならないもの。

 

ミネラルは体内の生命維持に必要な代謝酵素の作用を助け、酸素を体の隅々にまで運び、髪の成長に必要なビタミンの吸収を助けます。また、女性ホルモンなどのホルモンバランスを整える働きがあるので髪と体の健康にはなくてはならないもの。

 

ミネラルやビタミンは体内で合成することができないため、100%外部補給。なので、食べ物や飲み物から摂取しなければなりません。人体に必要なミネラルは約30種類と言われていますが、この30種類を全てバランスよく摂取できなければミネラルの働きが悪くなり、髪や体の元気がなくなってしまいます。

 

ミネラルは摂りすぎている成分に関しては体外へ排出されるためミネラルの摂りすぎにはなりません。また、髪のパサつきの原因は水分不足なので、40代になると体内の水分量が減るため飲み物からの水分摂取が必須。

 

この時に気を付けてほしいのが、水分ならなんでもいいと思ってコーヒーやお酒も水分に考える人がいますが、40代の髪や体が欲しているのは「質の良い水分」コーヒーやお酒には利尿作用があるので、身体に必要な水分までも奪ってしまい、脱水症状に陥る危険もあるので気を付けましょう

 

頭皮マッサージをする

関連画像

 

きれいで健康な髪を育てるにはまず頭皮を健康にすることが大切。指の腹で、頭皮をマッサージすると、頭皮の血流が良くなり筋肉も柔らかくなります

 

頭皮の血流がよくなると、髪に栄養がいきわたりハリやコシがでてきますよ。マッサージの仕方は簡単。疲れやストレスなどがたまると、頭頂部が硬くなり盛り上がってくるので、指の腹を使って、頭頂部を押し開きます。

 

5本の指を揃えて頭頂部の中央に置き、生え際から3ヶ所程度を5~10秒間プッシュ。ツボを刺激するイメージで。

 

指を開き、指の腹を使って生え際から頭頂部へ向かって頭皮を持ち上げてください。手は櫛のようなイメージで、このとき頭皮を動かす意識を持っておきましょう。10回繰り返してください。

 

デスクワークの人は、頭皮が固まりやすいので要注意。頭のコリをほぐしやわらかくするイメージで、1日最低1回は頭皮マッサージするようにしましょう。安眠効果もありますよ。

 

タンパク質を摂る

関連画像

 

髪はタンパク質でできているので、良質のタンパク質を摂るうにしましょう。大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをしてくれます。

 

そのため、女性ホルモンが減少する40代からは納豆や豆腐などを意識して食べるようにしてくださいただ、タンパク質だけを大量に摂るのではなく、バランスの良い食事をすることが髪の健康につながるのは言うまでもありません。

 

タンパク質含有量が多い食品類は、肉類、魚介類、卵、大豆製品、乳製品調理不要で手軽に摂れるものを挙げてみますね。

  • ゆで卵
  • サラダチキン
  • 牛乳、豆乳、ヨーグルト
  • チーズ
  • 魚の缶詰
  • 納豆

 

まとめ

関連画像

 

40代の髪のパサつきは、若い頃の原因と違って体の変化する時期なので、髪の変化が起こっても仕方ありません。年齢を重ねるにつれ、体も髪も「老化」しますが、そのまま放置するのではなく、少しでも食い止めることができれば髪も体も健康でいられますよ。

 

いつまでも美しいツヤのある髪を維持するということは、体の健康を維持することにもつながりますので、40代になって髪のパサつきが気になりだしたら、40代特有の原因を改善する方法を実践してみましょう。

 

栄養バランスのとれた食事を摂り、適度な運動をすることは言うまでもありませんが、上質なミネラルが豊富な水を1日2リットルは飲んでみてください。ツヤツヤ、サラサラの髪が取り戻せること間違いなし!

 

 

 

【ブログランキングの応援をお願いいたします】

にほんブログ村 美容ブログ ヘアケアへ
にほんブログ村

 


ヘアケア・スタイルランキング