Pocket

 

年齢と共に衰えを感じるものの一つに髪の毛が入るのではないでしょうか。最近髪がパサパサしてきたな、昔はツヤツヤの髪だったのに。40代に入ると途端にそう感じるものが増えて、年だからしょうがないとか、頻繁に美容院には通えないから、と諦めるのはまだ早い!

 

原因を追究して、ヘアケアをしっかり行えば、以前の艶は取り戻せます。アラフォー世代必見の「おとな向けのヘアケア」をご紹介していきますね。

 

40代頃から髪がパサつく原因

髪がパサつく原因は様々ですが、40代に入ると特有のパサつきの原因があるのです。それを知らずにいくらヘアケアをしても改善できませんので、まずは40代特有のパサつきの原因を知り、その原因を改善できる方法を実践していきましょう。

 

女性ホルモンの低下

 

女性ホルモンは、身体的にも精神的にも、大切な役目を担っています。女性ホルモンはエストロゲンとプロゲステロンという2つの性ホルモンから成り立っているのですが、特にエストロゲンという女性ホルモンの役割は、女性らしい丸みのある体のラインを作ったり、バストを作る、そして女性らしい艶やかな髪に成長させたり髪を増やすという重要な働きをしてくれます。

 

ですがエストロゲンは40歳を境に減少。それは50代に閉経を迎えるための準備段階ということ。なので、40歳ぐらいから閉経に向けてどんどんエストロゲンが減少してしまうのですね。

 

エストロゲンは髪の毛にとっては、発育を維持・促進させる働きがあるホルモンですので、エストロゲンの減少が始まる40代になると美しくツヤのある髪を持続させることが難しくなり、これが髪のパサつきの一因となってしまうことに。そしてエストロゲンが減少し始めると「更年期」という時期に入っていきますので、特に体の異変が多くなります。

 

栄養不足

 

髪の毛は、「ケラチン」という、18種類のアミノ酸から作られているタンパク質を中心として出来ています。基本的には「健康に良い食事」を取ることが第一歩ですが、特に意識して摂取したいのが、「タンパク質」「ビタミンB」「亜鉛」の3つ。

 

髪の毛の主成分である「タンパク質」、タンパク質をアミノ酸に分解する際に必要な「ビタミンB」、アミノ酸からケラチンを生成する際に必要な「亜鉛」。これらが足りていないと、髪の毛は栄養不足に。

 

さらに、必要な栄養素を摂取していたとしても、それを運搬する血液・血管の機能が働いていないと、髪の毛に栄養は届きません。血行促進のためのアプローチも大切。

 

髪に良い食べ物はこちら→髪に栄養は足りてる?髪の毛を作る食べ物ランキング&おすすめサプリメント

 

カラーやパーマによるダメージ

 

いくつになっても、髪の毛のおしゃれは楽しみたいですよね。ヘアカラーやパーマは、簡単に見た目も気分も変えられる、素敵なテクニック。ですが、これらの施術は、キューティクルをこじ開けたり破壊したり…ヘアカラー剤やパーマ液は刺激が強い薬剤。そのため、髪にも刺激を与えてダメージを与えてしまいます。

 

また髪だけでなく頭皮にも、ダメージを与えてしまうというデメリットも。特に生え際から使用するヘアカラー剤は、知らないうちに頭皮に相当な負担をかけています。そのため、髪の毛に大きな負担が掛かり、必要なアフターケアも増えるため、うっかりケアをさぼったりした日には、あっという間にパサパサ髪に。

 

カラーやパーマを長持ちさせつつも、ダメージを最小限に抑え、パサパサ髪を防ぐためには、アフターケアに対する徹底した意識が大切。ヘアサロンでトリートメントをしてもらったり、ホームケアでヘアオイルを使うといったことは、ダメージで弱った髪を修復することはとても大切なこと。

 

参考記事:ひどく傷んだ髪にはトリートメントがおすすめ!市販で買える人気ランキング

 

間違ったシャンプーの仕方

 

関連画像

 

女性に多い「シャンプー方法の間違い」としてよく挙げられるのは、頭皮をよく濡らさないこと。髪の毛の長い方にありがちなパターンですが、この状態で、一生懸命洗ったところで、頭皮の汚れは落とし切れません。

 

汚れが残ったままだと、頭皮環境が悪化し、髪の毛に充分な栄養が行き渡りません。また、洗浄力重視のシャンプーは、刺激が強すぎるため、頭皮に必要な油分まで洗い流してしまうため、頭皮を傷める事に。

 

さらに、頭皮を傷つけるような激しい頭皮マッサージも、髪のパサつきにつながってしまうので、爪の長さや、マッサージの強度にも、配慮が必要ですね。

 

40代からの髪のパサつきを改善するヘアケア

関連画像

 

アラフォー世代にとって髪のパサつきが起こる原因は体内の変化によるものが加わるので、新陳代謝や女性ホルモンの低下は年齢的なものだから改善するのが難しいと思われがち。ですが、完全に低下を止めることはできなくても軽減させることで髪のパサつきを改善していくことは可能。

 

また、新陳代謝や女性ホルモンの低下を軽減させつつ、今からヘアケアを実践すれば髪のパサつきはなくなり、美しく艶やかな髪を取り戻すことができます。

 

ミネラルを豊富に含む良質の水分を1日2リットル飲む

 

最もおすすめするのが「ミネラルを豊富に含む水」を飲むこと。ミネラルは髪の成長に欠かせない成分であると同時に、体を元気に活動させるにはなくてはならないもの。

 

ミネラルは体内の生命維持に必要な代謝酵素の作用を助け、酸素を体の隅々にまで運び、髪の成長に必要なビタミンの吸収を助けます。また、女性ホルモンなどのホルモンバランスを整える働きがありますので髪と体の健康にはなくてはならないもの。

 

ですがミネラルは体内で作り出すことができない物質ですので、食べ物や飲み物から摂取しなければなりません。ですので、ミネラルを豊富に含む水を1日2リットル飲むということが髪の健康への必須条件。

 

ミネラルは摂りすぎている成分に関しては体外へ排出されるため、摂りすぎにはなりません。また、髪のパサつきの原因は水分不足なので、40代になると体内の水分量が減るため積極的に飲み物から水分摂取が必要。

 

この時に気を付けなければならないのが、コーヒーやお酒も水分に考える人がいますが、コーヒーに含まれるカフェインやアルコールは利尿作用があるので、身体に必要な水分まで奪われるのでNG。40代の髪や身体が欲しているのは「質の良い水分」

 

人間の体は約65%が水分でできているもの。髪がパサつくということは血液もドロドロになっているでの、体内の水分がキレイな水分に入れ替われば体調も良くなり髪のパサつきもなくなります。

 

ですので、体内の水分をキレイにするにはコーヒーやお酒などの水分ではなくミネラルを豊富に含む水を飲むことが一番。人間の体は環境変化に対応するために約3ヵ月で変わると言われているので、ミネラルたっぷりの質の良い水分を3カ月摂ってみてください。

 

飲んでいるうちに体調が良くなり、便秘も改善され肌も美しくなり、髪のパサつきが改善され、ツヤのあるキレイな髪になっていることでしょう。豊富なミネラルを含む水を1日2リットル飲むことで体内の水分量が増加し、体内環境も改善するのでキレイなツヤ髪を復活させることができるので、ぜひお試しください。

 

適度な運動で新陳代謝を高めて体を温める

「stretching」の画像検索結果

 

新陳代謝を向上させることで血流が改善し、髪に十分な栄養を送り届けることができます。豊富なミネラルを含む水を飲むことで血液のドロドロが改善されるので、これだけでも血流改善することはできますが、さらに新陳代謝を上げるとなれば適度な運動がおすすめ

 

適度な運動を行うことで体内の水分の循環が良くなり血流改善になりますし、運動をすると筋肉量が上がるので新陳代謝がアップ。とはいえ、忙しい現代女性に運動する時間を確保するのも難しいところ。

 

ウォーキングやヨガなどのエクササイズもおすすめですが、何かをしながら同時にエクササイズにもなる「ながら運動」がオススメ。例えば、歯磨きをしながら、つま先立ち。日中の仕事がデスクワークなら、姿勢を正す。いつもの駅より1つ前で降りて歩くのも良いですね。

 

毎日することがポイントなので、普段の生活で意識して取り入れていきたいですね。お風呂の時間はバスタブにゆっくり浸かって、体温を上げて新陳代謝を活発にすると、血流も改善され髪に必要な栄養をしっかり送り届けることができるようになります。

 

まとめ

関連画像

 

いかがでしたか。アラフォーになると、10代や20代と違った悩みが出てきますが、髪がパサつくのは、これまでの生活の中でルーティーン化した習慣や蓄積されたものが原因と言えるのではないのでしょうか。

 

身体に変化が起きるので、髪に変化が起きるのは当然。起こる変化に柔軟に対応して、身体の内側と外側の両面からケアをしていくことが重要ですね。年齢を重ねるにつれ、体も髪も「老化」という方向に行かざるを得ないのですが、そのまま放置するのではなく、老化を少しでも食い止めることができれば髪も体も健康でいられます。

 

今回は生活習慣の改善に重点をおいて、40代からのヘアケア方法をお伝えしましたが、次回は具体的なヘアケアプロダクトの選び方やコツをご紹介しますね。

 

 

 

【ブログランキングの応援をお願いいたします】

にほんブログ村 美容ブログ ヘアケアへ
にほんブログ村

 


ヘアケア・スタイルランキング