Pocket

 

50代になると若い頃と髪質も変化し、扱いにくくなったり、髪型が思い通りにセットできなくなりますよね。髪の毛がパサパサに加えて、抜け毛が増えて薄くなってしまうことも・・・。

 

また、若い頃とは髪質もだいぶ変わり、くせ毛について悩む方も大勢いらっしゃるのではないでしょうか。どれだけ気持ちを若く保ってもパサパサでうねった髪が現実を突きつけてきます

 

年齢だからと、くせ毛とパサつきをあきらめずに、原因を知って正しいケアをすれば、潤いのあるツヤツヤ髪が取り戻せます。

 

50代の髪のパサつきの原因

ヘアカラーや白髪染めによるダメージはもちろんのことですが、50代というと「老化」からは目を背けることはできません。正確には35歳頃から始まっています。原因を順番にみて対策をしていきましょう。

 

更年期による体質と髪質の変化

「depressed woman」の画像検索結果

 

更年期は人によって差がありますが、だいたい45歳から55歳程度の期間を指していて、この頃になると体の変化や髪の毛の変化が生じる年齢。人は加齢とともに老化していくもので、知らないうちに見た目でもわかるような変化が出てくるので、自分でも気が付くもの。

 

これと同じことが髪にも起こり、髪も老化しています。女性であっても髪が細くなったり、抜け毛の症状が更年期になると徐々に見えて、特に分け目を中心とした髪の薄毛が気になるといった場合も。

 

髪が老化する仕組みは主に「血流」や「ホルモン」が関係。血液の流れは健康な髪を維持するのに非常に大切な事で、血液の流れが悪くなるとその分弱々しい髪が増える事に。

 

血管も老化するので、歳を重ねる毎にその弾力性が失われ、血流が悪くなり、髪の老化現象の1つである抜け毛や薄毛の原因に。また、女性の場合「エストロゲン」と呼ばれる女性ホルモンの減少も髪が老化する仕組みと深い関係があります。

 

特に閉経を迎える女性は更年期が訪れると共に、老化によって髪が弱々しく変化。卵巣から分泌される女性ホルモンのエストロゲンは髪の毛の変化を及ぼす要素があります。

 

年齢が高齢になるにつれてどうしてもエストロゲンの値は減ってくるので、仕方がない部分ではありますが、改善策はあります。

 

関連記事:50代の髪質改善!くせ毛でパサパサヘアをツヤツヤにするには?

 

水分量の低下

関連画像

 

髪の毛がうねりやすく、くせ毛になるのは髪の水分量の低下が原因。50代にもなると、髪表面をコーティングしてダメージから守ってくれるはずの皮脂の分泌量が極端に減ってしまうため。頭皮がカサカサしていることはありませんか。

 

髪がパサつくと傷んだキューティクルの部分から水分や皮脂、タンパク質などが流れて落ちてしまって髪は空洞化状態。これはある程度年齢を重ねると誰にでも起こること。

 

空洞化してスカスカになった髪はちょっとのストレスでもすぐにダメージを受けやすく、紫外線にあたったり、雨に濡れるだけでボロボロに。ダメージを受けるとバリア機能が低下してさらにダメージを受けるという悪循環に。

 

キューティクルがポロポロと剥がれた髪は空気中の水分を吸収するので、ダメージの多いところはたくさん水分が入り、ダメージの少ないところには乾いたままのアンバランスな状態になるので、このアンバランスな状態がくせの原因となっているんですね。

 

関連記事:50代で髪のうねりが出始めたら髪質改善!ツヤツヤにするお手入れ方法

 

50代の髪をツヤツヤにするには

50代の髪をツヤツヤにする大事なポイントがいくつかあります。

 

イソフラボンを摂取

「soy foods」の画像検索結果

 

有名なところでは、女性ホルモンのエストロゲンと同じような働きをする大豆イソフラボンを毎日摂取すること。大豆イソフラボンは大豆を使用した納豆や味噌、大豆製品を中心に配合。

 

納豆を毎日食べるというのが習慣づいていない人にとってみると難しいかもしれませんが、豆腐やみそ汁であれば毎日気軽に摂取出来るので更年期障害対策として有効。大豆イソフラボンを摂取することで、悪玉コレステロールの量を減らして血液循環を良くし、血圧を下げる効果が。

 

つまり和食が一番、日本人に合うのです。牛乳の代わりに豆乳を使うのも一つのアイデアですし、積極的に摂っていきましょう。

 

関連記事:亜鉛とイソフラボンが髪に良いって本当?女性の髪を太くする効果は?

 

水分を失わないようにキープ

今まで大丈夫だったシャンプーやトリートメントで効果を実感できなくなったことは、ありませんか?それは、与えることを重視していたから。

 

空洞化してスカスカになった髪にいくら、シャンプーやトリートメントをで栄養を与えても意味がありません。髪はお肌と違い、一度ダメージで死んでしまうと、栄養を与えても見ためのツヤは出せますが、根本的に元気にならないのです

 

50代になって髪が老化してきたらやることは一つ。それは「頭皮にストレスを与えないようにすること」

 

キレイに洗うシャンプーも、いい匂いがする香料も、栄養たっぷりのトリートメント成分も疲れた頭皮にとってはストレス。加齢によって水分や皮脂が失われた頭皮にはとにかく低刺激で優しく洗うことのできるシャンプーを使用して頭皮環境を整えることが重要。

 

これ以上水分や皮脂を失わないように、また余計なストレスを与えないようにするために、ノンシリコンの低刺激シャンプーを使うのがおすすめ。また、ダメージが目立つ部分の髪も思い切ってカットしましょう。ヘアカラーもいつもより髪の毛に優しい成分の薬剤のもに変えるなど工夫してみてください。

 

50代になったら、とにかく頭皮にストレスを与えないことが重要。パサつく髪も、うねる髪も、抜け毛が増えるのも全ては頭皮が疲れて水分量が減少するのが原因。

 

エイジングケアにおすすめのシャンプーはこちら⇒アラフォー髪のパサパサをツヤツヤにするには?40代からのヘアケア方法ーその②

 

エイジングを意識した頭皮ケアを行う

関連画像

 

 

頭皮に汚れが残っているような状態や、皮脂が詰まっている状態ですと血行は悪くなるばかり。抜け毛やうねり、パサつきが増えないように頭皮の清潔を保っていかなければなりません。

 

髪のエイジングケアは日々の頭皮マッサージが重要抜け毛や髪がやせ細った状態が続いている場合には、頭皮の血行が悪いのかもしれません。頭皮の状態をチェックして腫れやコリがないか確認しましょう。

 

健康な頭皮は白く、ダメージを受けている頭皮は赤くなっていたり黄色くなっているので要注意血行促進のため、頭皮のマッサージを毎日続けると効果的。

 

その他にも「エイジング用のヘアケア剤」を中心に使ってみてください。シャンプーやコンディショナー、トリートメントなど一式で揃えるのがおすすめ。

 

入浴中もただお風呂に浸かっているだけでなく、指の腹で頭皮マッサージをするようにしましょう。数分でも構いません、毎日続けることが大切。

 

おすすめのシャンプー→50代向け!髪のツヤを出しパサパサから抜け出すおすすめのシャンプー!

おすすめのトリートメント→50代の髪をツヤツヤにするには洗い流さないトリートメントがおすすめ!

 

まとめ

関連画像

 

いかがでしたか。50代となると、エイジングと向き合わざるを得なくなりますし、更年期やによって髪質が変わるのはある程度仕方がない部分ですよね。ですので、それを緩和させる為の方法を日々実践するのが必要。

 

適切なヘアケアを行うことで、更年期になっても髪質の変化を抑えられるので、髪の老化に負けない健康な髪作りを今すぐ始めてみましょう。いつまでも若々しくキレイでいるためには、日々のヘアケアが欠かせません。

 

あなたの髪が健やかに美しくあることを願っています。

 

 

関連記事:50代のくせ毛とパサパサ感にはエイジングケアシャンプーを使うのがおすすめ

 

【ブログランキングの応援をお願いいたします】

にほんブログ村 美容ブログ ヘアケアへ
にほんブログ村

 


ヘアケア・スタイルランキング