Pocket

50歳を迎えると、いよいよアラフィフ本格、さあこれから!という時、フとした時に鏡を見てボサボサ髪で疲れて見える自分の姿にがっかりすることってありませんか。若い頃は、ツヤツヤで美しい髪が自慢だったのに、今では白髪もたくさん…

 

白髪染めをしても、なんだか全体的にうねる、乾燥してパサパサ…と悩みはつきません。どれだけ気持ちを若く保ってもパサパサでうねった髪が見た目にすごく影響するのが現実

 

昔はまっすぐのストレートヘアだったのに、最近くせ毛になってきたのは、年齢だから仕方ないのかしら…。とあきらめるなんてもったいない!50代からでも髪質改善はできるもの。きちんとヘアケアをして、パサパサヘアにさようなら、潤いのあるツヤを取り戻しましょう。

 

50代の髪のパサつきとうねりの原因

50代の髪にツヤがない主な原因は3つ。

  • 髪そのものは健康なのに、何もヘアケアをしていない
  • 髪が傷んでいる
  • 加齢

髪にツヤがないのは必ずしもダメージヘアとは限りません。なので髪のダメージを抑えながらツヤを出すことは可能。

 

頭皮ケア

髪にハリやコシが失われるのは頭皮が関係しています。というのも、50代にもなると、ターンオーバー(新陳代謝)の周期が遅くなりますし、角質層のうるおい成分(主に天然保湿因子)が減少。

 

つまり、頭皮が乾燥してしまい潤いが不足している状態なので、当然、髪にも栄養が行き渡らずハリやコシが失われてしまうことに。また、年を取ると顔や体の皮膚がたるむのと同じように、頭皮もたるむので、毛穴も重力に引っ張られて歪んでしまいます。

 

昔はストレートヘアだったのに、歳をとってから髪がくせ毛になったり、うねったりするのは、この毛穴のゆがみが原因頭皮がたるむと毛穴が歪んでしまうことによって生えてくる髪もうねるから。

 

女性ホルモンの影響

「mujeres mas que 50 anos depresion」の画像検索結果

 

それだけではありません。50代ですから、女性ホルモンも関係してきます。女性ホルモンの一つにエストロゲンというのがあり、それが髪を形成する成分であるコラーゲンを作り、髪のツヤやハリをもたらすために重要な役割を果たしていますが、これが減少してしまうと、髪のパサつきの原因に。

 

とくに更年期前後は、女性ホルモンの分泌量が急激に落ちる=エストロゲンの分泌は急激に減り、それにともなって髪の乾燥は悪化し、ハリやコシも失われて、髪にパサつきが出るのです。

 

50代の髪をツヤツヤに仕上げる方法

関連画像

 

髪をツヤツヤに仕上げる方法は意外と簡単。やり方は、髪を軽く引っ張りながらブローして、キューティクルの向きをそろえたら、洗い流さないトリートメントやオイルを使って髪になじませるだけ

 

スキンケアは肌の質感を変えるまでに時間と手間がかかりますが、髪はスタイリングや日々のケアで美しく見せることのできるパーツ。つまり、身体の中で堂々と整形することができる唯一のパーツが髪。

 

だから50代、60代だからと年齢のせいにしてあきらめるのはモッタイナイ。さらに、プロの力を借りるのであれば、美容院でヘアトリートメントをしてもらうのではなく、カットでツヤを出す方法が近道。

 

もっともツヤが出やすいスタイルはボブ。髪のツヤは反射光が作り出しているので、表面がフラットに整っているほど、反射する面積が広くなり光が均一になってツヤツヤに見えやすいのです。

 

反対に毛の断面が見えるシャギーや段をつけるレイヤーは断面が表面に出て凹凸ができツヤがでにくくなるので、ツヤ髪になりたいなら毛先を見せないスタイルにするのがおすすめ

 

パサつく髪にツヤを取り戻すヘアケア

 

髪の健康には、身体の健康が欠かせません。バランス良い食事と適度な運動が必須。どこでも言われることですが、やはり基本は大切。た、50代、60代は、更年期や閉経など、女性の体に大きな変化が伴う時期。

 

つまり女性ホルモンが大きく減少するということ。なので、50代からの髪のエイジングケアには、女性ホルモンのエストロゲンと同じような働きをする大豆イソフラボンを毎日摂取することがおすすめ

 

食生活と運動で整えた上で、ツヤを取り戻すケア方法はいくつかあります。

 

  • インバストリートメント
  • 洗い流さないトリートメント
  • ヘアオイル
  • アミノ酸シャンプー
  • スカルプエッセンス

 

50代向けシャンプーの選び方⇒50代のくせ毛とパサパサ感にはエイジングケアシャンプーを使うのがおすすめ

 

ツヤがないパサパサの髪に潤いを取り戻すケア

ツヤのない髪というのは、光をうまく反射できない状態。原因は、髪内部を守る働きをしているキューティクルがはがれてしまうこと。なので、内部にダメージを与えキューティクルがはがれないよう、保護してあげるために

  • アウトバストリートメントを使う
  • ヘアカラーやパーマなどを控える
  • 帽子や日傘などを使って紫外線対策をする

というのを重点的に守るようにしてください。

 

まとめ

 

いかがでしたか。鏡を見て髪が傷んでいたりツヤがなくパサつきが気になってくると、傷んだ髪にツヤを取り戻そうと努力しがちですが、まずは頭皮ケアが大事

 

年齢を重ねて乾燥しやすくなっているのに、刺激の強いシャンプーで洗っていたら髪が傷みやすくなりツヤを失うのは当然のこと。シャンプーは1日1回で良いですし、優しいアミノ酸シャンプーで洗い方も優しくしていれば、頭皮トラブルの予防に繋がるのでツヤのある髪が生えやすくなりますよ。

 

ツヤがなくなってパサつきもひどくなると、あれもコレも良さそうと色々なケア用品に目移りしてしまいますが、まずはシャンプーが大事。頭皮を優しくケアした上で薄毛や抜け毛、白髪ケアなど年齢に応じたケアをプラスして行くと良いでしょう。

 

 

【ブログランキングの応援をお願いいたします】

にほんブログ村 美容ブログ ヘアケアへ
にほんブログ村

 


ヘアケア・スタイルランキング