Pocket

40代になってから、なんだか髪がパサつく、ツヤがない、と悩んでいませんか。お肌もそうですが、髪の老化が気になりだすのもアラフォー世代ではないでしょうか。

 

髪は相手に印象を与える際に最も目につきやすいパーツなので、髪にツヤ感があるのとないのとでは、見た目年齢に大きく差が。うるおったツヤのある髪だと、実年齢よりも若く見られやすく、なによりも一日のテンションが上がりますよね。

 

毎日のお手入れで効果が目に見えて表れやすいパーツは髪!今回はアラフォー必見、ツヤツヤな髪を取り戻す方法をご紹介していきますね。

 

40代の髪にツヤが出ない原因

髪のパサつきは、年代に限らず「乾燥」が原因ですが、40代になると乾燥の原因が若い頃にはなかったものが出てきます。

 

加齢による水分量の低下

人は生まれてまもない赤ちゃんのころの体内の水分量は90%あるのに対して、成人するころには70%まで減少。さらに年を重ねるごとに減り、50代になるころには50パーセントまで減ってしまいます

 

加齢にともない、髪の水分量も少なくなるので、パサつきの原因に。健康な髪は12〜13パーセントの水分が含まれていますが、7パセーント以下となると、常に乾燥した状態に。

 

7パーセントの水分量しか含まない髪は、健康なキューティクルを維持することが難しい状態。一度キューティクルがはがれてしまうと、今後は髪の内部の水分が流出。つまり、どんどん水分が失われ続ける状態になってしまうのです。

 

そして、乾燥した状態が続くと、髪はうねる傾向になり、くせ毛になりやすくなるのですが、これも要注意。うねりのある毛は、水分を保持することがより難しいのです。

 

新陳代謝の低下

歳を重ねると細胞の再生能力が低下し、細胞分裂が鈍くなったり正しく再生しない状態が多くなり、体の機能の衰えに。それが「老化」という現象。

 

老化が始まるタイミングや進行速度には個人差がありますが、女性なら30代から髪の成長が鈍くなっていくと言われています。体内で老化が始まると、新陳代謝が低下して皮膚のターンオーバー能力が弱まります

 

血管が細くなったり体力低下が重なると血行不良に。体が血行不良や栄養不足になると、生命の維持に必要な心臓などの内臓機能を先にケアしようとするため、髪の毛の保護は後回しに。すると、徐々に髪の毛は栄養不足になり、パサつきや薄毛・抜け毛やうねり毛くせ毛の原因に。

 

女性ホルモンの減少

更年期障害という、閉経をきっかけに女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が急激に低下し、様々な体調の変化が生じます。大抵は50代・60代で不調を感じる女性が多く、冷え症・めまい・のぼせなどの身体的症状に合わせて、イライラや落ち込みなど精神的な症状も。

 

ですが、エストロゲンは40歳を境に減少していきます。それは50代に閉経を迎えるための準備段階ということで、40歳ぐらいから閉経に向けてどんどんエストロゲンが減少してしまいます。

 

エストロゲンは髪の成長に欠かせないホルモンですので、エストロゲンの減少が始まる40代になるとツヤとコシのある美しい髪を持続させることができなくなり、髪のパサつきや、細くなったり薄毛に。

 

40代に入り急激に髪がパサつきだした、動悸がするようになったなど何かしら更年期障害の症状が出ているのであれば女性ホルモンのバランスが乱れ始めているのかもしれません。

 

パーマやヘアカラーによるダメージ

ヘアカラーやパーマは、簡単に見た目も気分も変えられる、素敵なテクニック。ですが、これらの施術は、キューティクルをこじ開けたり破壊したり…白髪染め、ヘアカラー剤やパーマ液は刺激が強い薬剤。そのため、髪にも刺激を与えてダメージを与えてしまいます。

 

また髪だけでなく頭皮にも、ダメージを与えてしまうというデメリットも。特に生え際から使用するヘアカラー剤は、知らないうちに頭皮に相当な負担をかけています。そのため、髪の毛に大きな負担が掛かり、必要なアフターケアも増えるため、うっかりケアをさぼったりした日には、あっという間にパサパサ髪に。

 

カラーやパーマを長持ちさせつつも、ダメージを最小限に抑え、パサパサ髪を防ぐためには、アフターケアに対する徹底した意識が大切。ヘアサロンでトリートメントをしてもらったり、ホームケアでヘアオイルを使うといったことは、ダメージで弱った髪を修復することはとても大切なこと

 

ツヤツヤ&サラサラの髪にするには

まず、生活習慣の見直しをしましょう。基本的なことですが、実はここができていない方が多い。ツヤを出したいのであれば、基本をしっかり押さえましょう。

 

バランスのとれた食事、質の良い睡眠をとる、ミネラルが豊富な水を飲む、適度な運動を意識して取り入れてくださいね。

髪に良い食べ物はこちら⇒髪のツヤを出す食べ物でパサパサから脱却!サプリは効くの?髪に良い食べ物

 

基本である生活習慣を整えた上でサラサラのツヤツヤ髪にするには、シャンプーの見直しとトリートメントを徹底しましょう。

 

シャンプーを変える

「top 5 natural shampoo products」の画像検索結果

 

髪は毎日洗うものなので、ヘアケアの中でも重視したいアイテム。特に40代以降のパサつきは、若い頃にはなかった原因も含まれるので、年齢に合ったシャンプーを選ぶ必要があります。

 

ツヤを取り戻すためにパサつきの最大の原因である乾燥しがちな頭皮のケアを始めるなら、40代女性のミカタになってくれるのがアミノ酸シャンプー。名前は聞いたことあるかと思いますが、一般的なシャンプーに比べて洗浄力がマイルド。

 

優しいアミノ酸なので、

  • 頭皮の乾燥を防ぎ
  • 髪のタンパク質を守る

という働きをしてくれます。

 

また、弱酸性なので髪と頭皮にとってもやさしいというのもメリット。一般的に売られているシャンプーと比べて値段が少し高いですが、長期的な目線で見ると自己投資

 

また、40代になると増えてくる髪の悩みに対して、しっかりケアするなら頭皮から考えなければいけません。頭皮のケアに一番良いのが、良質なアミノ酸シャンプー。

 

40代におすすめしたいシャンプーの選び方⇒髪のパサつきが気になる40代!ボサボサを綺麗にするにはシャンプーの見直しを

 

おとなのトリートメント方法

ヘアサロンで2週間に1度のペースでトリートメントをしないと、サラサラでツヤツヤの髪にはならないのでは、と思われがちですが、それだと時間もお金も多くかかってしまいます。そこで、自宅でもサロン級の仕上がりのトリートメントをする方法をご紹介しますね。

 

サロン仕上がりのトリートメント法

シャンプーの後に軽くタオルドライをし、手のひらにトリートメントを500円玉大くらい出し、毛先中心に全体に馴染ませます。ここで注意したいのが、頭皮にトリートメントをつけないこと。頭皮につけてしまうと毛穴が詰まり、フケ・かゆみ・抜け毛などの頭皮トラブルの原因になるから。

 

その後、トリートメントを全体に塗布したら、目のあらいコームですかしていきます。このコーミングをすることで、髪全体にトリートメントが行き渡ります。

 

次にホットタオル(濡らして電子レンジで軽くあたためたものでOK)もしくはシャワーキャップをして、10分ほど時間を置きます。その間にゆっくり湯船に浸かって身体をあたためるのが一番おすすめ。

 

10分経ったら、しっかり流して、そのまま自然乾燥せずにすぐに乾かしましょう。髪が濡れてるうちに、流さないトリートメントをつけてドライヤーで乾かしましょう。

 

インバストリートメントはこちら⇒髪のパサつきやうねりが気になる40代はトリートメントで改善してツヤツヤに!

おすすめ洗い流さないトリートメントはこちら⇒40代おすすめ洗い流さないトリートメント!市販のおすすめ人気ランキング

 

まとめ

「shiny hair」の画像検索結果

 

いかがでしたか。何かと老化が気になる年代ですが、いつまでも美しいツヤのある髪を維持するということは、体の健康を維持することにも。

 

40代になって髪のパサつきが気になりだしたら、40代特有の原因を改善する方法を実践してみましょう。日頃のお手入れを変えて、食生活を変えるだけで髪に栄養を送ることができるのです。

 

ご紹介したヘアケアは日頃の生活習慣と、シャンプーとトリートメントで改善できるので、ぜひ普段の生活に取り入れてくださいね。

 

 

【ブログランキングの応援をお願いいたします】

にほんブログ村 美容ブログ ヘアケアへ
にほんブログ村

 


ヘアケア・スタイルランキング