Pocket

くせ毛って本当にやっかいですよね。雨の日や湿気の多い日は広がるし、まとまりにくいしスタイリングに時間がかかる・・・。そもそも、くせ毛そのものが水分をキープするのが難しく乾燥しやすいため、見た目もパサついた印象を与えがち

 

でも、日本人の7割から8割くらいがくせ毛の持ち主であることも事実。やはり、誰もが一度は、サラサラのストレートヘアにあこがれるものではないでしょうか。

 

繰り返す縮毛矯正で髪は傷んでしまったから、そろそろ止めたいけれど、またスタイリングに長時間かけるのは面倒だし・・・。そんなお悩みを少しでも解決すべく、今回はくせ毛の改善方法について書いていきますね。

 

くせ毛は自然に治るの?

 

くせ毛とは生まれつき、髪がパーマをかけたように真っ直ぐにならない髪質、つまり髪が曲がって生えてくる状態。生まれつきくせ毛の人もいれば、思春期を境にくせ毛な髪質になってしまう人もいます。

 

くせ毛は遺伝によるもので、父や母、祖父母がくせ毛である場合は子供も遺伝によってくせ毛になる可能性が高いですね。遺伝によるくせ毛の場合は当然、生まれた時からくせ毛。

 

一方、思春期の年代でくせ毛になってしまうというケースも多く見られます。ある程度成長してからくせ毛になるのは遺伝よりは生活習慣による後天的な要素が大きいでしょう。

 

思春期はホルモンバランスが大きく変化するため、それに伴い、柔らかい髪質から硬い髪質へ変化し、それによってくせ毛になってしまうようですね。肌ににきびや吹き出物がたくさん出だすのもこの頃。

 

基本的にくせ毛が突然治ることはほとんどありません。くせ毛は毛穴の状態の問題であるため、髪を生成するためにタンパク質を多く摂るような栄養面の改善をしたところで、生え方が変わるということは有り得ません。

 

ごくまれに、くせ毛が自然にストレートになることもあります。はっきりとした原因は分かっていませんが、食生活の変化や遺伝的要素が考えられますが、自分でコントロールできることではありませんし、確率はかなり低いので自然にストレートヘアになることを待つのは時間の無駄と言えるでしょう。

 

根本的に治す方法は?

 

根本的にくせ毛を治すには、そもそも不可能ですが、ヘアケアのやり方次第でかなりの改善が見込めます。シャンプーやトリートメントを変えるのは髪質改善に役立ちますが、新しく生えてくる髪をストレートにすることは不可能

 

しかし、生活習慣の変化や出産後に見られる「うねり毛」や「くせ毛」は、食生活の見直し、シャンプー、頭皮マッサージなどで元の髪質に戻すことは可能。

 

そして何よりくせ毛を治す方法で有名なのは縮毛矯正でしょう。ストレートパーマは薬剤のみを使って髪をまっすぐにする方法ですが、縮毛矯正は薬剤と熱を加えて髪をストレートにする方法。

 

見た目を劇的に変えるには一番手っ取り早い方法と言えるでしょう。しかし、見た目がいくらツヤのある髪に変えられたとしても、髪のダメージは相当なもの。見た目の美しさをキープするには日頃のヘアケアが欠かせません。

 

くせ毛そのものを治すことは難しくても、アプローチ方法を考えれば、くせ毛を目立たなくさせることはできるもの。長くつややかでくせのない髪は、それだけで魅力的ですよね。

 

くせ毛改善方法

さて、くせ毛が自然に治ることはかなりの低い確率であること、そして根本的にくせ毛を治すことはほとんど不可能であるということがお分かりいただけたと思いますが、生えている今の髪の毛にアプローチをすればある程度くせ毛は改善されることも同時に理解していただけたのではないかと思います。

 

ヘアアイロンで伸ばす

関連画像

 

先ず一つのくせ毛改善方法として、ヘアアイロンで伸ばすこと。ドライヤーでヘアブラシで髪を引っ張りながら熱を加えてある程度まっすぐに伸ばすことも可能ですが、かなりの力で髪を引っ張ってしまうのと、熱量が髪をストレートにする力が弱く、湿気の多い日だと元のうねったくせ毛に戻りやすいのが難点。

 

その点、ヘアアイロンは高温で髪をプレスするので、まっすぐなストレートをキープしやすいのがメリット。ただ、高温を利用して髪を伸ばしているので、髪への負担は相当大きいのが事実。

 

アイロンで上手にくせを伸ばすポイントは、乾いた髪でセットすること。髪が濡れている状態でヘアアイロンをあててしまうとなかなか形がつかないだけではなく、髪に大きなダメージを与えてしまうことに

 

濡れた髪にヘアアイロンを当てて「ジュッ」と音がなってしまった時というのは、髪の内部で水蒸気が爆発してしまっているサイン。取り返しのつかないダメージが残ってしまうので、髪が濡れているときはまず、しっかりとドライヤーで乾かしてから使用するのが基本。

 

そして、ヘアアイロンの温度も大切。髪のダメージを気にして低温でじっくり当てる方がダメージが大きくなるので、180℃以上の高温でサクッと短時間で仕上げることを目指すべき。高温でまっすぐにササッっと当てるのが綺麗なストレートを作る基本。

 

スタイリング剤を使ってくせを活かしたヘアスタイル

「hair styling products」の画像検索結果

ストレートヘアーにして、くせ毛を直すよりも、その癖を生かしてスタイリングすることでボリューム感がでたり、自然な無造作ヘアにすることも可能なのがくせ毛。

 

くせ毛ならカールなど使用しなくてもスタイリング剤で少量のワックスを使い、毛先を散らすことで無造作ヘアが完成。またスタイリング剤を使って毛先だけでなく、根元に塗布することでボリュームをもたせ、髪全体をふんわりとしたスタイリングにも。

 

トップにボリュームを持たせることで全体的に薄い印象や、くせ毛の方にありがちなペタっとした印象を緩和させることができます。また、完全に髪が乾いた状態でスタイリング剤をつけるのではなく、半乾きの状態で毛先をスタイリングすると良いでしょう。

 

すると、乾いた時に元々持っているくせ毛の性質が表れ、程よいウェーブがかかって無造作風のアレンジに。髪をアップスタイルにしやすいのも、くせ毛の特権。

 

くせ毛におすすめのスタイリング剤⇒髪のパサパサ&くせ毛におすすめのスタイリング剤ランキング

 

まとめ

 

いかがでしたか。くせ毛を根本的に治すことは無理ですが、スタイリングである程度抑えられることがお分かりいただけたでしょうか。ヘアアイロンも毎日使うとやはり、髪にダメージを与えてしまいますが、使い方次第では強力な味方。

 

まっすぐなストレートにしたい!ということであれば縮毛矯正しかありませんが、ヘアアイロンでまっすぐにすることも可能。残念ながら髪を洗うと元に戻りますが、くせ毛を活かしたヘアアレンジも楽しみたいのであれば、日によってストレートにしたりパーマ風に髪をアレンジしたりと楽しみ方が倍増ですよね。

 

持って生まれた髪の性質を活かして楽しむ方が絶対良いです。まとまりにくかったりパサついて見えたりしますが、ヘアケア次第でツヤのあるヘアスタイルも可能。くせ毛と上手に付き合っていきましょう。

 

 

【ブログランキングの応援をお願いいたします】

にほんブログ村 美容ブログ ヘアケアへ
にほんブログ村

 


ヘアケア・スタイルランキング