Pocket

 

髪の毛のパサつきに悩む女性は年代問わず多いもの。そんなパサパサの髪の毛にはヘアオイルを使うのが1番。ヘアオイルにはトリートメント・コンディショナーとは全く異なる効果が。

 

オイルトリートメントといえば、髪のパサつきを抑えるケア効果と、毛の流れを整えるスタイリング効果があります。でも、オイルを使うことによる「テカリ」や「ベタつき」がきになる人も多いはず。

 

オイルトリートメントは間違ったつけ方をするとベタついた髪の印象を与えてしまうことに。正しい使い方をし、潤ったツヤ髪を手に入れましょう!

 

髪の乾燥が気になったときシャンプーやトリートメントを変える前に試してほしいのがヘアオイル。 オイルというとベタつくイメージがだったり、種類が多すぎてどれを選べば良いのか分からないということもあるのでは。

使い方次第で驚くほどの効果を発揮するアイテムがヘアオイル。そこで、ヘアオイルの効果や正しい使い方やおすすめヘアオイルをご紹介していきますね。

 

オイルトリートメントの効果&メリット

実はヘアオイルの効果をちゃんと知らない・・・という方も多いのではないでしょうか。しっかり効果を知った上でヘアオイルを使えば、毎日のヘアケアがもっと楽しくなりますよ。

 

髪のうるおいを逃がさずコーティング効果

関連画像

 

シャンプー・トリートメントでうるおいや栄養を吸収した髪の毛も、時間が経つごとにどんどん水分が蒸発。そこで仕上げにヘアオイルをつけることで髪からうるおいを逃がさずフタをしてしまえばいいのです。

 

これはスキンケアでいうところの乳液のような役割。フタをしてあげることで水分が閉じ込められ、うるおい感が長続きするというワケ。

 

また、髪はドライヤーの熱やブラッシングの摩擦、紫外線などから多くのダメージを受けがち。ヘアオイルをつけると髪がコーティングされ、そんな外的ダメージからも守ってくれる効果が。

 

まとまりやすく髪にツヤを与える

関連画像

 

 

髪の毛がパサついてしまうと毛の1本1本がチリチリになって広がってしまい、スッキリまとまらずイライラしてしまいますよね。ヘアオイルは髪のうるおいをキープすることで毛の流れを整えまとまりやすくしてくれるので、朝のスタイリングも快適に。

 

そして、ヘアオイルには乾燥してパサついた髪の保湿だけでなく、ツヤを与えて美しく仕上げる効果があります。髪につけた後すぐにその効果を実感できるのもヘアオイルのポイント。

 

ヘアセットにも使える

関連画像

 

「朝起きたら髪がふくらんで悲惨な状態に」「髪が堅すぎてヘアセットがうまくいかない」 そんな時にもヘアオイルが活躍。適量を髪になじませれば広がった髪も頑固な髪質もまとまって扱いやすく。

 

さらにワックスなどを使って動きを出してもOK。固いワックスを使ってセットするとパサついた印象になりがちですが、ワックスの前にヘアオイルをなじませればうるツヤをキープしながらふんわりと軽いヘアスタイルが完成

 

ヘアフレグランスとしても使える

関連画像

 

ヘアオイルの中には、フレグランス効果のあるものも。香りの種類は豊富で、王道のフローラル系、爽やかでフレッシュな柑橘系、甘酸っぱく女の子らしいフルーティー系、外国感のあるセクシーなオリエンタル系、アロマのようなハーブ系など。

 

好きな香りを髪にまとうことができるのも、大きなメリット。また、香りの強さもヘアオイルによって違うので、キツイ香りが苦手な方は無香タイプのヘアオイルを。香りが持続して欲しい方は、フレグランス効果が高い&好みの香りのものを

 

香りの好みが合うヘアオイルに出会えれば、いい香りを楽しみながらヘアケアできて、日中もふんわり香ってくれるので良い気分で一日が過ごせますよね。

 

ヘアオイルをもっと効果的に使う

ヘアオイルを手に入れたら、より効果的に使う方法をマスターしましょう。ヘアオイルを使うとベタつく・・・という印象があるとしたら正しい使い方ができていないからかも。

 

ヘアオイルはダメージが多く傷みがちな毛先を中心につけるのが正解。さらに分量は数滴でOKのものがほとんど。上手に使うためのポイントは次の通り。

 

つけるタイミングは髪を乾かす前がおすすめ

「wet hair」の画像検索結果

 

オイルの効能上、髪がぬれた状態でドライヤーをする前につけるのがベスト。オイルをつけてから髪を乾かしてください。

 

保湿してなめらかな髪にしつつも、ヘアオイルで髪をコーティングすることで、ドライヤーの熱やブラッシングの摩擦から髪を守ってくれますよ

 

適量を取る

関連画像

 

ヘアオイルの使い方の基本は、適量を使うこと。 少なすぎては意味がなく、また逆に付け過ぎは髪や頭皮のベタつきの原因に。もちろん髪の長さ・量、オイルの効能によって適量は変わってきますが、濡れた髪に2、3プッシュが適量。

 

ヘアオイルを付けた後、まだ手がベタついてオイルが残っているようだと付け過ぎかも。1~2滴で十分なものや、たっぷりつけてもベタつかないものなど、適量は商品によるので良く確認して付け過ぎに注意しましょう。

 

つける範囲に関しては頭皮はなるべく避けて、毛先から半分もしくは3分の1くらいに塗るようにするときれいに仕上がりますよ。

 

指の間までなじませる

関連画像

 

 

手のひらに取ったオイルをそのままつけると一部にベタっと付きすぎてしまうので、手のひらを合わせて円をかくようにした後、指の間までオイルを馴染ませてから髪全体にいきわたるようにつけていきましょう。

 

内側の髪からしっかり行き届かせる

関連画像

 

 

外側の髪の毛だけにしかオイルがついてないためそこの部分だけがベタついてしまっている場合も。内側の髪の毛から塗布していき、外側はうすく伸ばしていく程度にしましょう。

 

生え際にはつけない

関連画像

 

生えてきたばかりの根本はオイルをつけなくてもOK。生え際にオイルをつけるとテカって見えてしまうことも。根本から数センチ下の、水分が失われて傷んでくる部分からオイルをつけるのがおすすめ。

 

まとめ

関連画像

 

いかがでしたか。ヘアオイルは美しく綺麗な髪を手に入れたいと思っている全ての方におすすめしたいもの。また、ヘアオイルにはトリートメント・コンディショナーとは異なる効果があることをお分りいただけましたか。

 

髪を一日中あらゆるダメージから守ってくれるヘアケアには欠かせないもの。

 

せっかく、ヘアオイルを購入しても間違えた使い方をしていたら、その効果を実感することはできません。ヘアオイルだけに限ったことではありませんが、実際に使用してみて自分に合っているかが重要。

 

あなたにピッタリのヘアオイルが見つかりパサパサヘアを卒業できますように。

 

 

 

【ブログランキングの応援をお願いいたします】

にほんブログ村 美容ブログ ヘアケアへ
にほんブログ村

 


ヘアケア・スタイルランキング