Pocket

 

 

髪も体と同じように老化し、女性の場合は30歳を過ぎると少しずつ老化が始まると言われているのが一般的。髪のパサつきが、実は老化の始まりのサインの一つであると知っていましたか?

 

若い頃に比べて髪にコシやツヤがなくなってきた、まとまりが悪くパサパサしてしまう、昔よりクセやうねりが強くなってきた、と感じたら、それは老化のサイン。

 

30代後半から少しずつ気になり出してはいたけれど、特にヘアケアはしてこなかった。40代になり、いよいよ無視できない現実に直面したのなら・・・。今からでも遅くありません。髪の老化のためにできる対策を見ていきましょう。

 

加齢と共に髪に艶がなくなる理由

 

年齢とともに髪の毛は薄くなったり、白髪が生えたりしますが、それと同時に、コシが無くなり、ハリのあるつややかな髪を維持することが難しくなってしまうのも事実。この理由は、髪の毛が生え変わるサイクルが、加齢によって変化するから。

 

髪の毛は、髪が成長し伸びる時期 ⇒ 毛根が退化する時期 ⇒ 髪の毛が抜ける時期 という一定のサイクルで生え変わっているもの。人それぞれ体質があるので変化の始まる年齢や速度に違いがあるものの、男性の場合は20代、女性の場合には30代を境に、変わるのが平均的

 

髪が成長し伸びる時期が短くなっていくので、新しく生え変わる髪の数が減っていき、またその新しく生えてきた髪の毛は次第に痩せ、白髪も増えてくワケなんですね。

 

加齢によって、髪の毛に変化がおこる理由の一つとして考えられるのが、男性ホルモンの増加男性ホルモンには、頭皮の皮脂を増やすだけではなく、髪の毛の発育を妨げるという働きがあるのです。女性でも男性ホルモンが出るのはご存じでしたか?

 

この男性ホルモンの影響の出方ですが、男性の場合は、前頭部と頭頂部、女性の場合には、頭頂部の髪の毛に。女性は女性ホルモンと呼ばれるエストロゲンやプロゲステロンというホルモンを分泌していますが、30代後半から減少し始め、男性ホルモンはそのまま分泌を続けるので、女性の閉経後に髪の毛が大きく変化するのは、この為。

 

加齢により衰える髪質を改善するには

 

ここで大事なのは、髪の毛が生える毛穴をケアをすることと、栄養バランスの取れた食事を摂取すること、さらに今使っているシャンプーを見直しましょう。コンデイショナーやリンスを変えるだけでは、髪の毛の内部までケアすることはできません。

 

定期的にトリートメントをすること、髪の毛を作る細胞に十分栄養を行き届かせることに気をつければ、加齢による髪の毛の劣化を減少させることが可能。

 

シャンプー前の「プレシャンプー」を導入する

 

ヘアケアに関心の高い人であればご存じかもしれませんね。プレシャンプーとは、頭皮にこびりついた汚れを取り除くことが目的。髪の老化が進むにつれて、ヘアケアで最も重要なのは頭皮ケア。髪の衰えは髪の毛に注目しがちですが、そもそも健康な髪は健康な頭皮から生えてくるもの。

 

頭皮をケアすることは、お肌をケアすることと同じくらい重要。なぜなら、頭皮と顔は1枚の皮でつながっているから。頭皮ケアで頭皮の弾力を取り戻すことによって、顔の肌も引き締めることができるんですよ。プレシャンプーの習慣をつけることは、健康な髪へと導く第一歩。

 

ちなみにプレシャンプーには大きく分けて2種類。1つはオイルを使い、頭皮をマッサージしてから洗い流すオイルタイプ。そしてもう1つが、頭皮に直接シャンプーを塗布して泡立てるクレンザータイプ。オススメはやはりオイルを使ってマッサージするタイプ。抜け毛や白髪予防にもなり、一石二鳥。

 

オイルを使ったプレシャンプーはシャンプー剤の刺激からだけではなく、お湯で必要な皮脂が洗い流され過ぎるのも防いでくれるので、取り入れてほしいステップ。オイルを使う場合は、浴室に入る前に乾いた髪の状態で、オイルを頭皮につけてマッサージして、頭を洗う前にバスタブに浸かって余分な皮脂をしっかり落としましょう。それからぬるま湯で流してから、通常のシャンプー&コンディショナーへ。

 

肌に優しいシャンプーを選ぶ

 

シャンプーは洗浄成分で大きく分けると次の3種類。

 

・アミノ酸系シャンプー

・石けん系シャンプー

・石油系シャンプー

 

シャンプーの中でもっとも刺激が少ないのが、アミノ酸シャンプー。弱酸性で低刺激、高い安全性があることと、洗浄力が強過ぎず皮脂を適度に落としてくれるので髪と頭皮にやさしく、一番おすすめ。アミノ酸シャンプーの見分け方は、ココイルグルタミン酸、ラウロイル酸などの成分表示があるもの

 

石けん系シャンプーは、脂肪酸系の洗浄力が主成分で、アルカリ性で高い洗浄力がありますが、髪のきしみや洗いあがりの固さが気になるところ。頭皮が脂っぽい方や、ワックスなどのスタイリング剤の使用が多い方にはおすすめですが、乾燥肌や、ヘアカラーやパーマをしているのであれば、おすすめできません

 

石油系シャンプーは、CMで良く見る一般的に売られているシャンプーに多いですね。安価な原料で作られていることが多いので、コストも安く、手に入りやすく、何より少量で泡立ちが良いのが特徴。また、洗浄力も、どのシャンプーよりも強いので汗っかきや脂性肌の人にも爽快感が感じられますが、皮脂を取りすぎるのがデメリット。

 

合成界面活性剤である、「ラウリル」「ラウレス」「硫酸」のいずれかが成分に含まれていれば、石油系シャンプー。加齢とともに皮脂の分泌も減るので、やはり石油系シャンプーも、おすすめできません。

 

シャンプーを洗い流すときはぬるま湯で

 

シャンプーやコンディショナーを洗い流すとき、湯船の熱いお湯をかけてませんか? 「シャワーの流しっぱなしはもったいない」ということであれば、この習慣は避けて。 熱いお湯は必要な皮脂も流してしまうので、余計に頭皮がパサつく原因に。また、湯船のお湯は不純物が多く含まれているため、せっかく洗った頭皮が汚れてしまうから。

 

さらに熱いお湯は頭皮の乾燥だけでなく、髪のキューティクルを閉じず、中に入れた栄養分がどんどん流れていく状態に。シャンプーやコンディショナーをすすぐのなら36℃から38℃がベストでしょう。

 

真夏であれば、ぬるま湯で洗い流したあとに、冷水でサッと流すのがおすすめ。冷水は頭皮の汚れを取り除くだけでなく、血流を促進させるため、髪の育毛効果もあり、キューティクルを引き締めるため、栄養分をしっかりチャージ。冷水でなくても、いつもより温度を低くするだけでも十分効果が上がりますよ。

 

まとめ

 

いかがでしたか。髪をいつまでも健やかに美しく保つには、規則正しい生活や、バランスのとれた食事は言うまでもありませんが、今回ご紹介させていただいた秘訣は、どれも今の生活習慣に簡単に取り入れやすいものばかりではないでしょうか。

 

・ヘアオイルを使ってマッサージをするプレシャンプーを取り入れる

・肌に優しいアミノ酸系のシャンプーを使う

・髪を洗い流すときはぬるま湯で流す

 

年齢を重ねるごとに、髪質が気になってくることは仕方のないことですが、出来るだけの努力をして、美髪を保っていきたいもの。これらのケア方法を、早速いつもの習慣に取り入れてみてくださいね。

 

 

【ブログランキングの応援をお願いいたします】

にほんブログ村 美容ブログ ヘアケアへ
にほんブログ村

 


ヘアケア・スタイルランキング