Pocket

 

髪が硬いと、全然思ったような髪型にならなくて、うんざりすることがありますよね。かといって、毎日美容院に通ってスタイリングしてもらうのなんて無理・・・

 

どうにかして髪質を柔らかく、まとまりやすくする方法はあるのでしょうか。毎日のヘアケアで出来る事として考えられるのは、シャンプーとトリートメントの選び方を見直すことではないでしょうか

 

前回は、硬い髪質におすすめのシャンプーをご紹介しました。今回は硬くて太い髪におすすめの市販で買えるトリートメントをピックアップしてみました。

 

髪を柔らかくする方法は?

 

「頑固で硬い髪を柔らかくしたい」「フワフワの柔らかい髪に憧れる」

 

髪が多くて硬い女性は、一度はこう思ったことがあるのではないでしょうか。残念ながら、生まれつき硬い髪質だと、お家でのケアで髪を柔らかくするのはかなり難しいですね…。

 

もって生まれた髪の硬さの原因はキューティクル。柔らかい髪に比べて、キューティクルが丈夫で、たくさん重なっていることで硬さが出ていますトリートメントには、キューティクルを減らす働きはもちろん、1枚1枚のキューティクルを柔らかくする作用もありません。

 

なので、髪を柔らかくする、というのは難しいでしょう。でも、もともと剛毛だと思っている人でも、本当は剛毛じゃなかったなんてことも実は多々あること。

 

アイロンやコテを使うことが少なかった頃や、髪の毛を染めたこともないし、パーマもかけたことがなかった頃は、今ほどゴワゴワ感や剛毛っぽさに悩まされていなかった人も多いはず。

 

大人になるにつれて、へアカラーやパーマ、毎日ヘアアイロンなどでヘアセットをするようになり、その影響で髪の毛は傷んで広がったり、剛毛のような手触りになったりすることが多いのです。特に熱を与えるアイロンやコテなんかは、髪のタンパク質を硬くしてしまうから硬い髪の原因になりやすいんです。

 

ダメージによって硬くなった髪の毛なら、トリートメントでの改善も見込めます。手触りの良さはもちろん、髪の柔軟性を高めるトリートメントもあるので、剛毛の人が悩む硬さへのアプローチもしっかり。

 

ダメージで硬くなった髪のトリートメントの選び方

「hair products」の画像検索結果

 

ダメージを受けて硬くなった髪におすすめのトリートメントの特徴は2つ。

  • 熱で硬くなった髪に柔軟性を与える
  • CMCを補修して柔軟性を与える

 

CMC(細胞膜複合体)というのは髪の組織同士の間で接着剤やクッションのような役割。つまり、クッションを補給するトリートメントを使えば髪の柔軟性も高まります。

 

熱で硬くなった髪に柔軟性を与えるトリートメント

熱によるダメージで硬く剛毛のようになった髪には、硬くなったタンパク質に働きかける性質のトリートメントがおすすめ髪の毛が剛毛のように硬くなってしまうのは、毎日のブローやアイロンで、髪の主成分であるタンパク質が影響を受けることが原因のひとつ。

 

そこに髪の柔軟性を高める保湿成分を届けることで、柔らかく扱いやすい髪に。

 

CMCを補給して髪に柔軟性を与えるトリートメント

CMCとは髪を構成する脂質のこと。主な役割として次のようなものがあります。

  • キューティクルが剥がれるのを防ぐ
  • 細胞間のクッションとなり、髪に柔軟性を与える
  • 保湿しながら髪の毛の水分量を一定に保つ

 

CMCを補修することで、しなやかで柔らかい手触りになりまとまりやすい髪に。剛毛っぽいゴワゴワした手触りをなめらかにしたり、広がりを抑えたりとその効果は、ダメージによって髪が硬くなった人にとって嬉しいものばかり。

 

髪を柔らかくしたいなら、トリートメント以外のケアを

 

トリートメントでできるのは傷んで硬くなった剛毛の柔軟性を高めることや、手触りをよくすること。元々の剛毛を少しでも柔らかくしたいならトリートメントより、シャンプーや弱めの薬剤で、髪の毛を柔らかくするケアが断然効果的。

 

ホームケアでできることは、アミノ酸系シャンプーなどの洗浄成分が穏やかなものを使うこと。

 

硬い髪質におすすめのシャンプーはこちら⇨剛毛用シャンプーおすすめは?市販のヒマワリシャンプーは硬い髪質に良い?

 

硬い剛毛はアウトバストリートメントでまとまりやすく

関連画像

 

お風呂で使うインバストリートメントを使っても、元々の剛毛を柔らかくするのは困難。トリートメントの役割はあくまでも、指通りや手触りを良くすること。

 

少しでも剛毛を扱いやすくしたい人は、アウトバストリートメント(洗い流さないトリートメント)も使用しましょう。剛毛には、保湿力が高く、ブローの熱から守ってくれるものがおすすめ。髪の毛が乾燥すると、ゴワつきやパサつきが出やすく、剛毛が目立ってしまうから。

 

アウトバストリートメントにはいろんなタイプがありますが、剛毛にはクリームタイプのものがおすすめ。しっとりとした仕上がりになり、柔らかい印象を演出できますよ。

 

柔らかく扱いやすい仕上りの洗い流さないトリートメント5選

では、ゴワついて扱いにくい髪を柔らかく扱いやすく仕上げてくれて、しっとりまとめてくれるアウトバストリートメントをご紹介しますね。乾燥やダメージから保護・ヘアケアもできるので、髪本来の美しさも与えてくれます。

ブリリアント エモリエント セラム

 

 

太くて硬い剛毛、膨らみが気になる多毛やくせ毛、乾燥やダメージで広がる髪にオススメ。オーガニック認証の植物由来成分、米ぬかオイルなどを配合した洗い流さないトリートメント。剛毛で扱いにくい髪でも、しっとりボリュームダウンさせ、しなやかにまとめてくれます。

 

重めの洗い流さないトリートメントが好みの方にぴったり。香りはアヴェダらしいオーガニック系の個性的な香り。

ミルボン ディーセス エルジューダ エマルジョン+

 

 

ミルボンのエルジューダは、「スタイリングしやすい動かしやすい髪に整える」ことを目的としたシリーズ。こちらは太くて硬い髪向けのミルクタイプの洗い流さないトリートメント。

 

太くて硬い髪に合うしっとりしたテクスチャーで、潤いのある柔らかい質感に整えてくれます。パサつきや広がりもしっかり落ち着かせてくれるので、ダメージや乾燥で悩む時にも大活躍。オイルタイプのようなベタつきが少なく、フルーティな甘い香り。

 

ルベル イオ エッセンス スリーク

 

剛毛・くせ毛の方にオススメの洗い流さないトリートメントで、こちらはオイルタイプ。丁度いいしっとり感で、柔らかくなめらかなサラサラヘアに仕上げてくれます。

 

広がりやすい髪をまとめてくれる力もあるので、髪を落ち着かせたい、ストレートヘアに仕上げたい方に。落ち着いたローズの香り。

 

シュワルツコフ BCクア ディープスリーク

 

 

髪の広がりやクセを、ストン!と落ち着かせてくれるオイルタイプの洗い流さないトリートメント。くせや広がり、剛毛が気になる方にオススメ。とろみのあるオイルですが、ベタつきにくくサッとつけられます。

 

特に指通りの良さとまとまりの良さが優秀。フルーティフローラルの香り。

 

ミルボン ディーセス エルジューダ メロウセラム

 

 

メロウセラムは、硬くゴワつきやすい髪のための洗い流さないトリートメント。柔らかさ・しなやかさを与え、なめらかで動きやすい髪へと整えてくれます。

 

剛毛向けの洗い流さないトリートメントは重めのものが多いですが、こちらはサラサラなのが特徴。でも、すんなり扱いやすく柔らかい仕上がりに。香りは青りんごのような爽やかな香り。

 

まとめ

 

いかがでしたか。持って生まれた硬い髪質を柔らかくすることは難しいのですが、ダメージによって硬くなってしまった髪はヘアケアで充分本来の柔らかさに戻せます。おすすめできる仕上がりが柔らかくなる市販のアウトバストリートメントをご紹介しました。

 

太くて硬い剛毛をしっとりまとめてくれて、柔らかさ・扱いやすさも与えてくれるので、毎日のスタイリングが楽に。見た目の印象アップにも貢献してくれます!

 

乾燥やダメージから保護&ヘアケアもできるので、使い続けるほど髪本来の美しさを引き出すことができる、嬉しいメリットが詰まった洗い流さないトリートメント。ぜひ毎日のヘアケアに取り入れてみてくださいね。

 

 

 

【ブログランキングの応援をお願いいたします】

にほんブログ村 美容ブログ ヘアケアへ
にほんブログ村

 


ヘアケア・スタイルランキング