Pocket

 

髪をストレートにしたいのにパサついたり、うねりがなかなか取れないなんて時には泣きたくなってしまいますよね。今日だけはヘアスタイルばっちりで行きたい!という時はすぐにパサつきや広がりを抑えたいもの。

 

髪のパサつきや広がり、うねりは、本来髪の内側から修復しなければならないため、パサつき改善法は続けて行うことが前提。ですが、「どうしても今日だけこの広がりを何とかしたい」という時もありますよね。

 

即効性のある改善法はないようなものですが、その時だけなんとか即効でパサつきや広がりを抑えるという方法もご紹介していきますね。

 

髪のパサつきや広がりを改善する方法

色々試したけど、パサつきや広がりが収まらないことはありませんか。今までの方法に少し手間を加えるだけで、見違えるようになりますよ。順番に見ていきましょう。

 

ヘアオイルやトリートメントの使い方を変える

関連画像

 

とにかく今すぐパサつきを抑えたい!というときにイチオシなのがヘアオイルやアウトバストリートメント。パサつきを改善するアイテムとしてヘアオイルやトリートメントはよく知られていますが、実はこのヘアオイルやトリートメントは今すぐパサつきや広がりを抑える作用があるのです。

 

即効性を出す場合、まず使うヘアオイルは液体がサラリとしているものを選んでくださいヘアオイルにはドロっとしたものとサラリとしたものなど色々ありますが、すぐにパサつきを抑えてツヤを出す時はサラリとしたものを使ってくださいね。なぜなら、1回使うだけではないのでドロッとしたタイプだと髪や頭皮がべたつく可能性があるから。

 

●使い方
  1. ヘアオイルを手に取ってオイルを手で体温くらいまで温める。
  2. 次に、ヘアオイルにアウトバストリートメントを少しだけ混ぜる。こうすることで保湿力が上がりパサつきや広がりをさらに抑えやすくなるため。
  3. 混ぜたヘアオイルとトリートメントを髪の内側から毛先を中心につけていく。この時に頭皮につかないように気を付けて。
    ヘアオイルもトリートメントも少量でかなり伸びますので、使用量を必ず守ってつけるようにしてください。多めにつけてしまうと髪がベタついてしまい、ボリューム感がなくなります。
  4. 髪全体にヘアオイルとトリートメントを混ぜたものを馴染ませたら手のひらに少し光るくらいのオイルが残るので、指の腹を使って頭皮に軽くつける

 

実は、パサつきや広がりの原因は髪だけではなく頭皮が乾燥していることも原因の一つパサつきの原因は水分不足ですので、ヘアオイルとトリートメントを混ぜることで保湿力が高まり、その液体をほんの少し頭皮に塗るだけで保湿効果がかなりUP。

 

パサつきで髪が広がる人は根元からパサついている人が多いので、手のひらに残っているヘアオイル+トリートメントを頭皮がべたつかない程度に塗布しましょう。かなり少量でも効果はありますので、頭皮に塗りすぎないことがポイント

 

頭皮に塗りすぎると髪がベタっとしてボリュームが出なくなったり、頭皮に余分な皮脂が残り頭皮トラブルの原因になるので注意してください。髪が乾いている状態でヘアオイルを使う時はヘアオイル+トリートメントのつけすぎに十分注意してくださいね。

 

おすすめのトリートメントとヘアオイル参照⇒髪のパサパサに悩むアナタにおすすめ!市販のトリートメントとヘアオイルで改善

 

アミノ酸系シャンプーで改善

「amino acid shampoo」の画像検索結果

 

髪のパサつきや広がりを抑えるのに一番役立つヘアオイルやトリートメントですが、毎日使うシャンプーをアミノ酸系シャンプーに換えるだけでも効果アリ。アミノ酸系シャンプーには髪に必要な栄養が豊富に含まれているので、シャンプーを変えただけで髪の広がりやパサつきがなくなったということも。

 

アミノ酸系シャンプーに変えても、ずっと同じシャンプーを使っていると髪がそのシャンプーに慣れてしまい、良い意味での刺激を髪に与えることができません。なので使い切ったあとはシャンプーを別のアミノ酸系シャンプーに変えるのがオススメ。髪に良い刺激となり、いつもとは違う栄養素も入ってくるので髪が活き活きとし、美しい髪をキープ。

 

もちろん、自分の髪質や肌質に合ったシャンプーや安心して使えるシャンプーを選ぶことが大切ですが、定期的にシャンプーを変えるのはとても良いこと。新しく使うシャンプーがアミノ酸系の場合、市販のシャンプーにはない栄養素や敏感肌の人でも使えるほど低刺激の洗浄力ですので、髪も活き活きとして活性化するのでしょう。

 

毎日使うドライヤーの使い方を変える

関連画像

 

髪のパサつきや広がりを改善するためにドライヤーの使い方はとても重要。ドライヤーは毎日使うものなので、ドライヤーの使い方を変えるだけでも効果アリ。

 

パサつきの原因は水分不足ですが、ドライヤーの熱は水分不足と大きく関係が。パサつきに大敵なのは熱なので、ドライヤーの使い方を変えるのが大事。

 

ドライヤーは髪から20cm程は離して使うようにしましょう。ドライヤーは近づければ近づけるほど、高い温度の熱風が髪に当たり、髪がやけどしてしまう状態に。

 

コツは髪をかき分けながらドライヤーの熱が集中しないように小刻みに動かしながら頭皮と根元から乾かします。最初に頭皮をサッと乾かし、ある程度乾かした後はドライヤーを上から下に向けて乾かします。

 

仕上げに冷風を当てると、キューティクルが引き締まってツヤツヤに。髪を傷める原因になるので、絶対に自然乾燥は避けて乾かしましょう。

 

体内の水分+ミネラルを増加する

 

体内の水分とミネラルを増加する方法は、髪の状態が全く変わってきますので、是非実践してほしい改善法。パサつきや広がりを改善する方法の多くは体の外側から直接髪に何かを加え改善するやり方。

 

体内から改善する方法としては食べ物や水分量が挙げられますが、最も髪に艶があり天使の輪ができるほど改善できるのは水分とミネラルを増加させること体内の水分とミネラル量が増加すれば、1~2か月くらいで髪の質が変わります。

 

ミネラルは体内で作り出すことができない物質なので、食べ物や飲み物から摂取しなければなりません。ですので、ミネラルを豊富に含む水を1日2リットル飲むということが髪の健康への必須条件。

 

髪の内部から改善できる方法なので、びっくりするほど髪がキレイになり広がりもなくなり、子供の頃の髪に戻ったように潤いのあるツヤ髪になりますよ。

まとめ

関連画像

 

いかがでしたか。パサつきや広がり、うねりは抑えるにはヘアオイルなどで髪に栄養を与えるのが大事。そして、髪のパサつきや広がりにもうねりにも、すぐに改善する方法にはどちらもヘアオイルが活躍

 

ヘアオイルは万能で、髪のパサつきや広がり・うねりを改善するだけではなく、スタイリング剤にも使えるので、1本持っていればとても重宝しますよ。毎日のヘアケアはかかせませんが、どうしても今日だけは!という日にもヘアオイルやトリートメントが頼りになるアイテムなので、使ってみてください。

 

もちろん日々のケアも忘れずに、ミネラルをたっぷり含んだ水を飲み、ドライヤーの使い方に気をつけて、肌に優しいアミノ酸系シャンプーを使いましょう。

 

 

 

【ブログランキングの応援をお願いいたします】

にほんブログ村 美容ブログ ヘアケアへ
にほんブログ村

 


ヘアケア・スタイルランキング