Pocket

 

髪が硬いとスタイリングがうまくできなかったり、広がったりと扱いに困りますよね。日本人は遺伝子的に髪を太く頑丈にして寒さからしのげるようになっているので、他の国に比べて剛毛の方が多いとか。スタイリング上手くいかないだけでなく、お風呂に入った後に乾かすのに時間がかかる・・・と悩みはつきません。

 

美容院には頻繁に行けないものですし、できれば自宅で手間をかけずにヘアケアしたいですよね。もちろん髪質は生まれ持ったものなので、なかなか変えることはできません。しかし、様々な方法を使い改善していくことは可能

 

毛質に対応したシャンプーを使用することもその一つ。今回は日本人に多い『太い』『硬い』髪質の方におすすめなシャンプーや髪質改善についてご紹介しますね。毎日使うものなので、市販でドラッグストアなどでも手に入る購入しやすい商品をピックアップしてみました。

 

髪が硬い原因

関連画像

髪が硬い理由は主に2つ。

  • キューティクルの枚数が多い
  • 髪の内部のタンパク質(コルテックス)の密度が濃い

 

そして髪が硬い原因は遺伝によるものと乾燥によるもの。

 

遺伝によるもの

硬い髪質は遺伝による影響が大きいです。生まれつき、キューティクルの枚数が通常よりも多いのも、硬い髪質の理由の1つ。上の画像でもあるように、中央部分の柱のようなメデュラの部分がしっかりしている事も要因。

 

硬い髪は剛毛と呼ばれ、その反対の髪質で、軟毛と呼ばれる髪質があります。軟毛の人は、中央部分のメデュラが無く、髪が柔らかくなってしまいます。

 

乾燥によるもの

遺伝ではなく、後天的な原因として考えられるのが髪の乾燥。髪の乾燥やパサつきの原因は、髪がダメージを受けているから。これは剛毛というよりも、髪がパサついて広がって見えるので、剛毛と思っている人が多いと言う事が挙げられます

 

乾燥は、髪の広がりだけではなく、髪の内部のバランスも悪くなっている可能性も。これがくせ毛やうねりの原因にも繋がります。髪がダメージを受けている人は、雨や湿気の多い日に髪がうねったり、広がったりしませんか。

 

これは、傷んだ髪の毛が、空気中の水分を吸収して、膨張してしまう事が原因。髪が広がると、髪内部のタンパク質(コルテックス)が切り離されて、バランスが崩れてうねりが出るのです。

 

乾燥する原因はさまざま。紫外線による日焼けや、ドライヤーの熱によるものだったり、頭皮に合わないシャンプーを使ったりしていると髪に必要な油分が奪われてパサつきの原因に。

 

髪が硬い人におすすめのシャンプーの選び方

関連画像

 

①セラミド配合

髪をケアするのに大切なことのひとつはシャンプー。シャンプーは直接髪に影響を与えるので、悩みに合わせた成分が配合されているものを選ぶことが大切。

 

剛毛の場合はセラミドが配合されているものがおすすめ。

 

セラミドはスキンケアに欠かせない保湿成分としてよく知られていますが、髪の健康にも重要な働きをする成分。セラミドを髪に与えることで、コルテックスが充分に潤って柔軟な髪になります。

 

②アミノ酸シャンプー

洗浄力の強いシャンプーで髪を洗うと、髪や頭皮から必要な皮脂や潤いまで落としてしまうことがあります。キューティクルはCMCという油性の成分の働きによって閉じている状態。

 

ところが洗浄力が強すぎると、この油分まで奪ってしまうことがあり、するとキューティクルが開いてしまって内側にとどめていた水分が流れ出てしまいます。またキューティクルそのものも傷んで乾燥やかさつき、ゴワつきの原因に。

 

そこで使用したいのが、肌への刺激が低く、洗浄力が強すぎないため潤いや皮脂を奪わない、アミノ酸シャンプー

 

③オイルインシャンプー

オイルインシャンプーは、天然由来のオイルが配合されているシャンプーのこと。アルガンオイルやバオバブオイルなど、植物由来のオイルはさらりとしてべたつかず、髪になじみやすいものがたくさんあり種類も豊富。

 

またオイルの働きで髪への保湿効果や補修作用も期待大。オイルが髪の表面を保護して内部を保湿してくれますので、しなやかでまとまりやすい髪になります。

 

④油分と水分が逃げないようにする

柔らかくしなやかな髪は、内部の水分や油分のバランスが取れています。剛毛の人でも油分と水分を適切に保てれば、扱いやすい髪に改善することができるでしょう。

 

しかし、せっかく必要な潤いや油分を与えても、キューティクルが剥がれていたり傷んでいたりしては流れ出てしまってあまり効果が得られません。これを防ぐために、髪の表面を包み込んで逃げないようにするのです。

 

そこで有効なのが髪をコーティングする成分。メドウフォーム-δ-ラクトンやγ-ドコサラクトンなどの成分が配合されているものがおすすめ。

 

髪の硬い人向けおすすめシャンプー5選

それでは、髪の硬い人におすすめの市販で買えるシャンプーをピックアップしてみました。

 

モーガンズアミノ酸ヘアシャンプー

 

モーガンズアミノ酸ヘアシャンプーは赤ちゃんにも使われるヤシの実由来の洗浄成分により、優しく髪の毛と頭皮を洗います。大きな特徴では、髪の毛と同じ弱酸性の20種類ものアミノ酸を配合されており、髪の毛を健康な状態に。

 

シリコンや石油由来成分を一切含まないというこだわりにより、髪の毛や頭皮に優しい製品。また、モーガンズアミノ酸はトリートメントもノンシリコンと徹底したこだわりをもっています。

 

KOSE コーセー オレオドール ボタニカル オイルリペア シャンプー ノンシリコン (ダメージリペア) 500ml

 

 

オレオドールはコーセー製のボタニカル、ノンシリコン、硫酸系界面活性剤は完全に不使用のシャンプーで、洗浄成分はアミノ酸系洗浄成分となっています。

 

髪の毛が傷んでいる人には特に使ってほしいシャンプーで、頭皮の荒れが気になる方にもアミノ酸系洗浄成分配合の点でおすすめ。泡立ちもよく、洗い上がりもしっとりしますが、香りに好みが分かれるかもしれません。

 

モイスト・ダイアン オイル シャンプー エクストラモイスト 500ml

 

 

モロッカンアルガンオイルをはじめ、高級レアオイル配合したノンシリコンのオイルシャンプー。髪の毛がダメージにより傷んでパサついていたり、まとまりが無く、うねりなどがあるような人に向けたシャンプーで、幅広い年齢に使えます。

 

それぞれ髪の毛の状態によって、痛みにエクストラダメージリペア、ツヤにエクストラシャイン、ハリコシ・頭皮荒れにはボリューム&スカルプがおすすめ。

 

カラーズ アルジェラン モイストリペア オイルヘア トリートメント 550ml

 

 

アルジェラン モイストリペアはコカミドプロピルベタイン、ココイルグルタミン酸2Na、コカミドDEA、ラウラミドプロピルベタインというとてもマイルドな洗浄成分を配合。

 

特にアルガンオイルを使ったオーガニックシャンプーとして売り出されているのですが、アルガンオイルは頭皮に関してアンチエイジング効果があり、優れた成分。また、防腐剤を含んでおらず、この点についてもおすすめ。

 

凛恋レメディアル ローズ&ツバキ シャンプー

 

 

シリコン、パラペン、石油系界面活性剤、合成香料、合成着色料を一切使っていません。洗浄成分にヤシ油、アミノ酸系活性剤が配合されているので、刺激が少なく頭皮に気を使っている方、髪の毛が傷んだ方でもおすすめ。

 

植物エキスでさらに頭皮、髪の毛の健康感を向上させます。国産ローズとツバキをはじめ、10種類の国産植物を配合した無添加シャンプー。

 

まとめ

 

剛毛の特徴やシャンプーの選び方、おすすめなシャンプーをご紹介してきましたが、いかがでしたか。髪が硬くて太いと毎朝のスタイリングも大変になりがちですが、根気強くケアすることで扱いやすい髪にすることも可能。

 

硬い髪質と言っても、硬さや状態は人それぞれに異なります。自分にあったシャンプーを選び、ぜひしやなかにまとまる髪を手に入れてくださいね。

 

 

 

【ブログランキングの応援をお願いいたします】

にほんブログ村 美容ブログ ヘアケアへ
にほんブログ村

 


ヘアケア・スタイルランキング