産後に髪がパサパサに!うねりもあるなら、シャンプーとトリートメントで改善

ヘアケア 頭皮ケア
Pocket

出産後、ヘアカラーをしているわけでもないのに髪の毛がパサパサになってしまったり、髪の毛の質が変わってしまったと悩む方は多いのではないでしょうか。産後しばらくしてから、髪の毛が抜けやすかったり、髪の毛が細くなってしまったり、髪の毛のパサつきやうねりと、今までにない変化が現れて、慌てていませんか。

 

安心してください。一時的なものなので、約1年から1年半後には元に戻りますよ。とは言えど、1年から1年半もこの状態というのもつらいもの。

 

今回は、そんな産後の髪の毛のパサつきや髪質変化について悩むママに原因と予防策をご紹介していきますね。

 

産後に髪がパサパサになる原因

出産後は何かと髪のトラブルに悩まされるママが多いもの。出産前後は体調や嗜好も変わりやすく非常に敏感な時期。その影響が髪に出てもおかしくありません。

 

出産を経験してから、髪が抜けやすくなった、髪がパサつく、うねる、などにお悩みのママに髪質が変わる原因と改善をお伝えしていきますね。

 

女性ホルモンの減少によるもの

「depressing woman」の画像検索結果

 

妊娠中、体の毛が濃くなったと感じたり、髪の毛が増えたような感じはありませんでしたか。実は妊娠中には女性ホルモンが大量に分泌されていたことによって毛を成長させたり、髪が抜けにくくなったりということが起こっていたのです。

 

女性ホルモンとは「エストロゲン」という体内物質のこと。主に卵巣から分泌されるホルモンの一つ。女性らしい体のつくりに関わるこのエストロゲンの1つの重要な役割として「女性特有の髪の美しさ」を保つという働きがあるのです。

 

妊娠中の女性の体には、通常よりもたくさんのエストロゲンが分泌されています。そして出産を終えると女性ホルモンは急激に減少し、今度は妊娠中とは反対に抜け毛が増えるという状態に。このホルモンの変化こそ産後の抜け毛や、うねりの一番の原因なんですね。

 

産後の生活の変化

関連画像

 

出産後は身体の回復や赤ちゃんへの授乳の為に多くの栄養が吸収されるのに対して、赤ちゃんのお世話にかかりきりになって満足に食事が摂れないママは栄養不足に陥りがち

 

髪の毛は身体に余った余分な栄養で作られるため、栄養不足の状態では成長する事ができません。その結果、髪のパサつきやうねり、白髪や抜け毛などの髪トラブルが急増。

 

また、赤ちゃんの夜泣きや授乳など、慣れない育児や睡眠不足で産後は何かとストレスが溜まりやすい環境。過度なストレスは自立神経などに影響を与える為、毛細血管が収縮してしまい頭皮や毛髪にまで十分な栄養が行き渡らなくなり、結果として髪のパサつきやうねりの原因に。

 

産後による髪のパサつき・うねりの対策

以上のように産後のママの髪のパサつきや、うねりを改善する為には、産後の身体の変化によるもの、生活の変化によるものと両方のケアが必要。シャンプーやマッサージ、トリートメントなどによる頭皮ケア、食事や生活習慣の改善がそのポイント。

 

髪のパサつき・うねりに良いシャンプー

「non toxic shampoo」の画像検索結果

 

出産で肌質や体質が変化して、これまでのシャンプーが合わなくなっているのではないでしょうか。頭皮に合わないシャンプーは頭皮の乾燥やベタつきの原因ともなり、頭皮トラブルに。

 

産後は、ホルモンバランスが不安定なので頭皮も敏感肌の状態更に、赤ちゃんのお世話をしながらのバスタイムに時短は必須条件。そこで産後の髪の対策に必要となるシャンプー選びのポイントは次の6点!

 

  1. 頭皮や髪の毛に優しいアミノ酸系
  2. 無添加・ノンシリコン系
  3. キシまず、泡切れが良い
  4. できればリンス不要のオールインワン
  5. 頭皮環境を整える栄養成分が入っている
  6. 育毛剤との相性が良い

 

産後の髪と頭皮を労わりながら、短時間で済む抜け毛対策シャンプーをチョイスして、健康で美しい髪を取り戻しましょう。

 

髪のパサつき・うねりは集中ケアでトリートメント

「putting oil on hand」の画像検索結果

 

いくら、産後半年~1年半くらいで髪質も元に戻ると言っても、パサパサでうねる髪を放っておけません。すぐに始めて早めのケアでストレスを増やさないようにしましょう。


トリートメントは髪の毛の内側に作用して、傷んだ髪の毛を補修。髪の乾燥やうねり毛は、表面ではなく内側に問題があるので、トリートメントで水分とタンパク質を補うことが大事。しっかり潤いを閉じ込めましょう。

 

アウトバストリートメントで髪のツヤを取り戻す

お風呂から出た後、髪に浸透させたらそのまま乾かす、洗い流さないタイプのトリートメントのこと。種類としてはオイル・ミルク・クリーム・ジェル・ミストなど。中でもオイルは、髪に重みが出るため、ある程度髪の広がりやうねりを抑えることのできるのでおすすめ。オイルを選ぶポイントは次を参考に。

 

  1. 肌にも使える植物由来成分のもの
  2. エイジングケアができる
  3. 保湿、紫外線対策

 

栄養補給

関連画像

 

髪の毛はタンパク質でできているので、大豆製品乳製品などの良質なタンパク質を多く摂りましょう。ほかにも、髪のうねり・クセ毛を元に戻す為にもビタミンミネラルを多く含む海藻類も髪に良いので積極的に摂りたいですね。

 

特に授乳期間は赤ちゃんにも栄養を届けるので、食事は特に意識していきたいもの。産後におすすめ食材のポイントは「まごわやさしい」です。

 

「まごわやさしい」の食材を使ったメニューは、身体に負担をかけずに必要な栄養素をバランス良く摂取できる理想の食事。具体的な食材は次の通り。

 

  • ま:豆類(たんぱく質・ビタミン・食物繊維) 
  • ご:ゴマ(たんぱく質・食物繊維・ミネラル) 
  • わ:わかめ/海藻類(ビタミン・ミネラル・食物繊維) 
  • や:野菜(ビタミン・ミネラル・食物繊維) 
  • さ:魚(たんぱく質・DHA・EPA) 
  • し:しいたけ/きのこ類(ビタミン・食物繊維) 
  • い:いも(炭水化物・ビタミン・食物繊維)

 

いずれも日本人になじみ深く、日本人の健康を支えてきた食材ばかり。栄養をバランス良く摂ることができるため、産後のママはもちろんのこと、パパやほかの家族にもおすすめ。

 

スーパーなどで手に入るものばかりなので、普段の食事メニューに意識的に取り入れてみてくださいね。

 

まとめ

mother and baby

 

いかがでしたか。産後の髪のうねりやクセ毛は、ほとんどのママが体験する悩み。そして、正しい頭皮ケアや栄養バランスの取れた食事などで改善できる場合がほとんど

 

産後は赤ちゃんを抱えて忙しい時期ではありますが、30代40代ママであれば加齢による様々なサインがあらわれる年齢でもあるので、新たに時間をかけるのでは無く、既存のアイテムを見直して髪のうねりやクセ毛のセルフケアを始めましょう。

 

 

【ブログランキングの応援をお願いいたします】

にほんブログ村 美容ブログ ヘアケアへ
にほんブログ村

 


ヘアケア・スタイルランキング

 

 

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ページの先頭へ