Pocket

 

髪の毛がパサパサと乾燥してしまうと、とても気になるし、オシャレしてメイクしても何か決まらない感じがしませんか。髪の毛の乾燥やダメージによってパサパサ感が進行すると、スタイリングをしてもまとまらない、枝毛ができる、絡まるなど悩みは更につきません。

 

髪の毛のパサパサがとまらない!とお悩みの方は、日頃のケアからしっかりと見直していきましょう。今回はパサつき改善におすすめのシャンプーとトリートメントをご紹介しますね。

 

髪のパサつきを招く原因

髪の毛がパサパサと乾燥してしまうのは、髪表面にあるキューティクルが剥がれてしまうことが大きな原因の1つ。健康で美しい髪の毛の表面にはキューティクルがしっかりと存在し、このキューティクルがあることによって、髪のうるおいやツヤが守られているのですね。

 

しかし、キューティクルが剥がれている髪の毛は、うるおいやツヤを保つことができず、パサパサと乾燥しやすくなってしまうのです。

 

ヘアカラーやパーマによるダメージ

関連画像

 

ヘアカラーをするときは、髪の毛のキューティクルを開き、染料を入れていきます。中でも、髪を明るくするためのブリーチは髪への大きな負担に

 

ブリーチは髪の色素を抜いた後にカラーを入れていくため、髪にとって1度に大きな負担を与えすぎてしまいます。パーマをかける際に使われるパーマ液も、キューティクルを開いてから髪内部に浸透させていくので、キューティクルにとって負担がかかることは間違いありません。

 

ヘアアイロンや間違ったドライヤーの使い方

「hair ironing」の画像検索結果

 

ヘアアレンジに欠かせないコテやヘアアイロンの使用温度によっては、髪の毛の乾燥を招き、パサパサする原因に。髪の毛は熱に弱いので、高すぎる温度に設定したコテやヘアアイロンは、髪の負担に。

 

髪をおおうキューティクルは熱に弱く、ドライヤーやヘアアイロンの使い過ぎによって強いダメージを受けます。キューティクルがはがれると、あっという間にパサパサヘアに。

 

自然乾燥をしている

関連画像

 

髪の毛が濡れているときのキューティクルは、はがれやすくデリケートな状態。例えばタオルでゴシゴシこすってしまうだけで、傷つくくらい非常にデリケートなもの。

 

キューティクルが剥がれることで、髪の毛のうるおいが外に逃げやすくなり、パサパサと乾燥しやすくなります。特に、髪が乾いていない状態のまま寝てしまうと、枕と髪の毛が擦れて、髪のキューティクルに大きな負担をかけ、髪の乾燥につながります。

 

間違ったシャンプーを選んでいる

関連画像

 

自分の頭皮や髪と相性のよくないヘアケアアイテムを使用している場合、少しずつ髪の毛のキューティクルに負担をかけていることに。例えば、もともと皮脂が少ない人や肌が敏感な人は、洗浄力の強いシャンプーだと、必要な皮脂まで洗い流してしまい、頭皮や髪を乾燥させ、ダメージの原因に

 

また、シャンプー方法が適切でなく髪を傷めているケースも。自分に合わないシャンプーを使用することはもちろん、適切な量を使用しなかったり、頭皮に爪を立てるように洗ったりするのも傷つけるのでパサつきの原因につながります。

 

紫外線によるダメージ

 

「woman walking outside with sun glasses」の画像検索結果

 

紫外線が髪にどんなダメージを与えてしまうのかというと、髪を保護しているキューティクルが酸化ダメージを受けることで壊れてしまい、 はがれたキューティクルの隙間からタンパク質やうるおいを保つ成分が流失してしまうため、髪の水分を保持できなくなってパサパサと乾燥するのです。

 

髪だけでなく、頭皮への影響も考えないといけません。髪が生える土壌である頭皮が紫外線によってコラーゲンが破壊されて頭皮が老化。すると、弾力がなくなって頭皮が硬くなり、髪の毛の成長やヘアサイクルも乱れてダメージヘアの原因に。

 

シャンプーを見直す

「natural shampoo」の画像検索結果

まずはじめに、髪の毛が乾燥してパサパサ感が気になる方は、普段使っているシャンプーを見直してみませんか。パサパサと乾燥した髪をシャンプーする際には、うるおいを奪い過ぎないこと、そしてうるおいを補うことがポイント。

保湿成分としてオイル系の成分が配合されたシャンプーを選んでみたり、洗浄力がマイルドなものを選ぶのもおすすめ。

 

保湿成分として配合されるオイル

  • シアバター
  • ホホバオイル
  • アルガンオイル
  • シードオイル
  • オリーブオイル
  • ツバキオイル
  • セラミド
  • 馬油 など

 

おすすめシャンプーはこちら⇒髪の乾燥にはシャンプーを変えよう!保湿シャンプーでパサパサヘアはしっとり

 

洗い流さないトリートメントを使う

「argan hair oil products」の画像検索結果

 

今すぐできる簡単な髪のパサパサ対策として、洗い流さないトリートメントを使い、髪の毛を乾燥から守ることがおすすめ。洗い流さないトリートメントには、オイルタイプ、ミルクタイプ、クリームタイプ、リキッドタイプのものなど。

 

毛先のパサパサ・乾燥にが気になる方には、ヘアオイルを部分使いするなどの対策もおすすめ。洗い流さないトリートメントやヘアオイルをつける際は、手のひらにまんべんなくのばしてからつけるようにするのが◎。

ムラづきを避けられ、また手のひらの温度によってなじませやすくなるでしょう。

 

おすすめのトリートメントはこちら⇒ダメージヘアにはトリートメントがおすすめ!市販の洗い流さないトリートメント5選

 

まとめ

関連画像

 

いかがでしたか。髪の毛のパサパサの原因や、シャンプーを見直したり、洗い流さないトリートメントを使うことをご紹介しました。髪の毛のパサパサは、さまざまな原因からキューティクルが剥がれてしまうのが主な原因

 

傷んだ髪はいっそう乾燥が進行しやすいもの。洗い流さないトリートメントやヘアオイルで傷んだ髪を保護するだけでなく、保湿に重点をおいたシャンプーを使ったり、日常のヘアケア方法を見直して根本から対策していくことも大事。

 

できることからはじめて、しっとりとまとまりやすい、そして、つややかでしなやかな髪を目指しましょう。

 

 

 

【ブログランキングの応援をお願いいたします】

にほんブログ村 美容ブログ ヘアケアへ
にほんブログ村

 


ヘアケア・スタイルランキング