Pocket

 

黒い髪のあいだに、ちらほらと色が抜けたように白く光って見える白髪。同じ年齢でも多い人と少ない人がいるのはなぜでしょうか。

 

30代後半ともなると、体力や健康面で年齢を感じる瞬間が少しずつ出てくるのではないでしょうか中でも、男女ともに見られるものとして分かりやすいのが「白髪」。

 

今の時代、30代はまだまだ若いと感じている人が多く、だからこそ「白髪」に対する抵抗は誰しも持っていることでしょう。「最近、急に白髪が目立つ」「まだ若いのに白髪なんて早いしはずかしい」と感じる人も多いはず。

 

年齢を問わず悩みのある方は多いと思いますが、今回は30代から急に増える「白髪」について、白髪の原因と正しい予防・対策方法についてご紹介しますね。

 

白髪とは

「white hair woman」の画像検索結果

 

本来、髪そのものは実は「白いもの」なのです。そこに色素が与えられて黒くなっていきます。この髪の毛を黒く見せる色素細胞が「メラノサイト」と呼ばれるもの。

 

髪の毛が白くなっていく、つまり白髪はこのメラノサイトが減少したり、働きが鈍くなってしまうために起こる現象のこと。そして、生物は加齢と共に細胞の働きが悪くなってしまいます。

 

そのため、メラノサイトが活発に働くために必要な「チロシナーゼ」という酵素も衰えてしまい、結果的にメラノサイトの働きが悪化。

 

このチロシナーゼの働きが鈍くなるのは、人によっても異なりますが、大体35歳前後が平均値。髪の毛を黒くみせる色素の働きが鈍るので、加齢により白髪が増えるというわけなんですね。

 

白髪の原因

白髪になる原因は、加齢・ストレス・ホルモンバランスの乱れなど、さまざま。しかし、何らかの原因によって髪の毛を黒くするメラニン色素が十分に作られなくなるという点は共通しています。

 

メラニン色素の量が少ないと白髪になるといわれており、それを引き起こす原因が「食事」「睡眠」「ストレス」

 

食生活による栄養バランスの乱れ

関連画像

 

メラノサイトとよばれる細胞がメラニン色素を作り出しますが、その過程でさまざまな栄養素が必要。栄養素は体の中で生成できないものも多いため、食べ物から摂取できていないと白髪になりやすくなる可能性が。

 

また、メラノサイトはメラニンの生成時にチロシナーゼとよばれる酵素が必要。そのため、チロシナーゼの活性化にも欠かせない栄養素も、食べ物から摂ったほうがいいでしょう。

 

つまり、メラノサイトチロシナーゼをサポートする栄養素を含んだ食べ物を食べるように心がけると白髪を少なくする作用が期待できます。食品添加物の多い食事を摂っていると、必要な栄養素が身体に行き渡らなくなってしまい、頭皮や毛髪が栄養失調状態になり、結果として白髪の増加に。

 

睡眠不足

関連画像

 

睡眠に関してですが、睡眠不足になったり、寝る時間が不規則になってしまうと、 成長ホルモンの分泌が妨げられるということが分かっています。成長ホルモンは午後10時から午前2時までの4時間の間に睡眠を取っていると活発に分泌

 

そのため、白髪だけに限らず健康な髪の為にはその時間帯にしっかりと睡眠を取っていることが重要に。寝不足になると、頭がボーっとすることはありませんか。

 

これは、頭に十分な血液が行き渡らなくなっている証拠。血の流れというのは、言い換えると酸素や栄養の流れでもあるので、もし、頭に十分な酸素や栄養が届かなくなってしまうと、そこにある細胞はどんどん死滅します。

 

寝不足で血の巡りが悪くなると、髪の色素を補修してくれるメラノサイトが減り白髪が増えていくというわけですね。また、成長ホルモンは、細胞分裂を促進する効果があり、死滅した細胞を補ってくれる役割が。

 

寝不足によって、成長ホルモンが大量に分泌される時間に睡眠をとることができないと、成長ホルモンの存在でバランスが取れていた細胞の死滅と分裂の関係が死滅の方に傾いてしまい、髪への色素補給が追いつかなくなってしまうのです。

 

ストレス

 

関連画像

 

空気中の酸素は、体内に入って、「活性酸素」という物質に変身。この「活性酸素」が体をサビさせてしまう原因。ストレスは活性酸素を増加させ、活性酸素はビタミンCの消費を増やします。

 

ビタミンCは、抗酸化物質であるだけでなく、ストレスを和らげてくれる働きもあるため、ビタミンC不足に陥ると酸化防止とストレス緩和の機能がなくなるため、活性酸素が増加する原因に。

 

そして、メラノサイトが活性酸素に攻撃されることにより、髪が黒くなるためのメラニンが作られなくなってしまうのですよって「活性酸素」が白髪の原因に。

 

白髪の対処方法

30代の白髪対策として、白髪が生えてこないように、食生活を気を付けて、ハッピーに過ごし、夜はぐっすり眠るといった改善できる部分はたくさんありますが、発生した白髪を目立たなくさせる方法も知っておきたいもの。それぞれ見ていきましょう。

 

ストレスをためない

ストレスをできるだけためないようにし、リフレッシュする時間を取りましょう。ストレスを感じないようにするのは難しいので、自分なりのストレス解消法を見つけたり、ゆっくりお風呂に使ったり、ヨガやウォーキングなどで体を動かしたりしてください

 

食生活を整える

髪の健康のためにも、栄養をバランス良く摂ることが大切。日頃から食生活が乱れている方は、油っこいものやファストフードを控えるようにしましょう。活性酸素を発生させないためにも、バランスのとれた献立にし、髪の主成分となるたんぱく質や、ミネラルなどが不足しないように心がけてください。

髪に良い食事はこちらを参考に⇒髪に栄養は足りてる?髪の毛を作る食べ物ランキング&おすすめサプリメント

 

睡眠をとる

髪に色をつけるメラニン色素は、寝ている間に生成されます。生成を活発にするには、深い眠りを4時間以上継続させることが必要睡眠時間をたっぷり取るというよりは、6時間程度でも、質の高い睡眠が大切。

 

染める

関連画像

 

生活習慣を変えても、すぐに白髪が黒髪になるわけではないので、すぐに白髪を減らしたい方は、染めるしか方法はありません。そこで、おすすめなのが、ヘナパック

 

天然成分なので市販のヘアカラーや美容室のヘアダイでかぶれる方、化学薬品を使えない方などでもヘナは大丈夫な場合が多いのと、ヘナの成分は髪の毛にハリ・コシを与えるのでヘナをするだけでつやつやした髪になります。

 

まとめ

関連画像

 

いかがでしたか。白髪の原因についてご紹介しました。対策としては、白髪の原因を理解し、日々の生活を見直していくのが基本。特に、活性酸素を除去するというのは、白髪対策だけでなくアンチエイジング全体に有効なこと。


積極的に抗酸化力の強い栄養素を取り入れていきましょう。ですが、どうしても白髪が気になる場合は染めてしまいましょう。中でもおすすめはヘナが一番。

 

まだまだ若い30代ですから、白髪は少ない方がいいですよね。身体の内側からと外側からのアプローチでハリのある美しい髪を取り戻してください。

 

 

【ブログランキングの応援をお願いいたします】

にほんブログ村 美容ブログ ヘアケアへ
にほんブログ村

 


ヘアケア・スタイルランキング