Pocket

 

くせ毛でお悩みの方は上手くまとまらない、しっかりヘアセットしたのに湿気で広がってゴワゴワ、パサパサ。と思えば、またヘアセットすると今度はベタついて、サラサラ感はどこへいったの?といったところではないでしょうか。

 

そんな時に役立ってくれるアイテムが、洗い流さないトリートメント「ヘアオイル」。シャンプー後に髪につけたり、ヘアお出かけ前のヘアセットの最後につけるだけで、いつもよりも髪がまとまって決まるのが、オイル。しかも長期的に使うことで、まとまりやすく、ダメージの少ない髪に導いてくれますよ。

 

香りもよく、くせ毛もサラサラにまとめてくれる優れもの。とはいえ、有名ブランドの商品が多数販売されており、どれが自分に合うか分かり辛いですよね。そこで今回は、おすすめのヘアオイルと選び方ご紹介しますので、正しい使い方も含めて、ぜひ参考にしてくださいね。

 

ヘアオイルの正しい使い方

 

いくら優秀アイテムでも、使い方を間違えれば効果も出ません。

 

  • 髪をとかさずにつける
  • 髪の根元までつける
  • 適量を守らずにつける

これらのヘアオイルの使い方はNGヘアオイルの効果をしっかりと引き出すための正しい使い方について見ていきましょう。

 

適切なヘアオイルの量

 

ヘアオイルは、適量を守らないとベタベタに。髪の長さごとに適量があるので、適量を守りましょう。

 

  • ショートヘア 1~2滴
  • セミロング  2~3滴
  • ロング    3~4滴

 

もし、今あなたが使っているヘアオイルに適量が記載されている場合は、そちらに合わせて。まず両手にヘアオイルをしっかり伸ばしてから、馴染ませる。この時に手のひらにオイルが沢山残ってしまうと、付け過ぎ。また、表面にばかり沢山オイルをつけてしまうこともベタベタしているようにみえる原因の一つ。

 

ヘアオイルをつけるタイミング

 

髪は濡れるとキューティクルが開いている状態になり色々な成分が浸透しやすいので、その状態の時にヘアオイルを使用するのが一番効果的。具体的には、お風呂上りやシャワー後のタオルドライした後の濡れた髪につけるのがベター

 

乾かす前につけると頭皮や髪の毛がドライヤーの熱から受けるダメージが軽減されるのでオススメ。また、濡れた髪に使うのが最も効果的ですが、朝のスタイリングの前にヘアオイルを使用することも◎。

 

髪を乾かしてブラッシングをする前につけるのも効果的定期的に薄く馴染ませるだけで潤いをキープ出来るので、驚く程髪の毛は変化しますよ!

 

ヘアオイルの付け方

 

次にヘアオイルの効果的なつけ方ですが、髪の毛をタオルドライした後、手のひらにヘアオイルを適量出してから両手をこすり合せて十分に広げることこうすることでオイルをつける場所のムラだけでなく、髪がベタつくのも防げます。

 

次に、髪の内側にに手をいれ、髪全体の半分くらいの長さから毛先までヘアオイルをなじませる。毛先になじませたら、そのまま髪の中間部分に向けて内側からヘアオイルをつける。毛先同様、もみ込むようにつけていきましょう。

 

最後に髪の表面になじませる。頭皮の乾燥が気になっている場合は、頭皮にも軽くヘアオイルをつけると乾燥しにくくなるのでおすすめ。ここで注意してほしいのが、頭皮にオイルのつけ過ぎは気を付けて。しばらく頭皮のベタつきがとれないことも。それからドライヤーで髪を乾かしましょう。

 

おすすめできるヘアオイルの成分

アルガンオイル

 

ヘアオイルの中に入っていて欲しい成分のひとつはアルガンオイル。アルガンオイルはアフリカやモロッコにあるアルガンツリーの実から抽出したオイル。100kgのアルガンの実から1リットル程度しかとることができないとても貴重なオイル。

 

アルガンオイルにはオリーブオイルの4~10倍とも言われるビタミンEが含まれている、美容効果の高いオイル。美肌成分としても知られるビタミンEは、高い抗酸化作用があることから“若返りのビタミン”とも言われ、シミやシワなど肌老化の元凶である「酸化」を防ぎ、エイジングケアに優れた効果を発揮。

 

人の皮脂にも含まれるオレイン酸が豊富なアルガンオイルは、肌なじみがよいのが特長。つけた瞬間、肌にスーッと浸透。さらりとした感触は、まるでオイルとは思えないほど。高い保湿力がありながらもベタつかないため、使いやすいオイル。さらにオレイン酸は紫外線を予防する効果が。

 

ホホバオイル

 

ホホバオイルはホホバという植物からとれ、ホホバはアメリカ南西部、メキシコ北部が原産で、古くからネイティブアメリカンの間で使われていたオイル。ホホバオイルは、最もベーシックなオイルのひとつであり、刺激が少ないということが大きな特徴。そのためベビー用品などにも使われており、敏感肌用の化粧品にも。

 

このホホバオイル、全身どこでも使うことができる万能オイル。皮膚となじみやすいので肌質を選ぶことなく、どんな人でも使うことが可能。非加熱のコールドプレスで抽出された、鮮やかなゴールドのホホバオイルを選んで。なぜなら、天然トコフェロール、アミノ酸、ミネラル、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンEが豊富に含まれているから。

 

生産効率を上げるため加熱処理で精製された透明なホホバオイルは、ビタミンなどの有効成分が壊れてしまっているので、透明ではなく、美しく輝く金色のオイルを選んでくださいね。ホホバオイルは、腐敗しにくい、酸化しにくいという特徴があり、半永久的に腐らないと言われるほど安定性が高いので、イチオシ。

 

くせ毛におすすめオーガニック系ヘアオイル3選

ゴールデンホホバオイル / 生活の木

ホホバオイルは主成分が『ワックスエステル』という成分で出来ていて、この成分は人間の皮脂とほぼ同じ成分。ですので、わざとらしいツヤ感ではなく自然で健康的なツヤ感が。さらに水分が髪から抜けていく事を防ぐので、パサパサの毛に最適。

 

オイルというとベタつくイメージがありますが、ホホバオイルはサラっとした感じでまったくべたつきません。オススメの使い方はスタイリングの前に髪を濡らし、ヘアブローする前にホホバオイルを髪になじませる使い方。

 

これをしてからブローすると、乾燥を防いで、自然なツヤ感が。クリアな色の精製したものと、ゴールデンという黄金色の未精製のものがあるので、オレイン酸を多く含むゴールデンがおすすめ

 

モロッカンオイルトリートメント

「モロッカンオイルトリートメント」の特徴は、主成分がアルガンオイルで保湿性に優れていること。どんな髪質の方にも向いていて、細くてコシのない髪質の人や、ゴワゴワとした髪質の方も使うことができるのが良いところ。

 

継続的に使用することで、枝毛や切れ毛も軽減してくれる優秀アイテム。ヘアブローやスタイリングの際の熱、日差しやプールの塩素、または海水でダメージを受けた髪にも効果的。紫外線などの外的要因からも髪を保護し、静電気も押さえてくれる万能オイル。

 

普段の生活では、しっかりとトリートメントを行うことが難しい忙しいあなたにもおすすめ。忙しい毎日で疲れた髪を優しくケア。モロッカンオイルトリートメントを使うと、ごわつきを抑えて、なめらかな髪の毛へと変化していきますよ。

 

酸化に強く髪につけてもベタつきがなく、サラサラとした質感で、香りもバニラのような芳しい匂い。髪の指通りがよくなり、素早く乾くようになり、ツヤ感が増して髪が大きく変わること間違いなし。使うほどに髪はうるおい、まとまりやすくなめらかに。

 

morgans(モーガンズ)ディープオイルモイストオイル

 

天然成分100%の万能オイルは、贅沢に配合されている3種類のキャリーオイルが肌や頭皮にしっかり浸透し、不足している栄養分をじっくり補給。オイルの潤いで日常の日差し、カラーやパーマのダメージからも守ってくれる優秀オイル。

 

このオイルに配合されているルガンオイルはビタミンEをたっぷり含んでおり、髪の毛や肌にハリを与えるとともに、日々の痛んだ髪を艶のあるサラサラヘアーへと導いてくれますよ。また、ディープモイストオイルは香りにもこだわっており、柑橘の爽やかな香り・芳醇な花の香りが漂い心の奥底からリラックス。

 

うねり・ハネ・広がりを抑え綺麗にまとまるので、夜にお風呂で髪を洗い、ドライヤーで乾かす前にディープモイストオイルを髪につけて乾かすとキレイに。翌朝もサッとブラッシングしただけでまとまるので、ツヤツヤの髪になり、髪の手触りもサラサラで軽い仕上がりに!

 

まとめ

 

 

いかがでしたか。オーガニック系のヘアオイルは、安心安全な製品が多く、敏感な肌質の人にも使える商品なので、おすすめ。髪の毛の悩みは人それぞれですが、髪質やなりたいヘアスタイルに合わせて、オーガニック系ヘアオイルを使いこなしてくださいね。

 

使い方もシャンプー前に使ったり、アウトバストリートメントとして使ったりと色々な使い方が。あなたの髪とライフスタイルに合った使い方を見つけてパサパサ髪にさようなら。サラサラの髪を取り戻しましょう。

 

 

【ブログランキングの応援をお願いいたします】

にほんブログ村 美容ブログ ヘアケアへ
にほんブログ村

 


ヘアケア・スタイルランキング